セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年01月24日 (月)

劇場公開&DVD@1月(2011年)

1月に見た作品です。


=== 劇場公開 ===
・劇場版 BLEACH ブリーチ 地獄篇
・トロン:レガシー
・相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜
・アンストッパブル
・シュレック フォーエバー

== DVD&光TV-ビデオサービス  ===
・ハート・ロッカー
・デス・リベンジ
・ラスト・ソング
・ジュリー&ジュリア
・ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き
・クレイジー・ハート
・フィリップ、きみを愛してる!
・名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)
・とある魔術の禁書目録<インデックス>
・とある魔術の禁書目録<インデックス>Ⅱ
・とある科学の超電磁砲<レールガン>
・君に届け
・バジリスク~甲賀忍法帖~




劇場版 BLEACH ブリーチ 地獄篇

劇場版ブリーチ-地獄篇

劇場版ブリーチ-地獄篇

劇場版ブリーチ-地獄篇


[ストーリー]
死神すらも近づくことのできない地獄で、咎人(とがびと)たちによる反乱が勃発(ぼっぱつ)。一護たちの住む空座町が標的となる。一護たち劣勢のなか、突如として現れた謎の男コクトー(「黒」に「刀+りっとう」)。一護とルキア、コクトーらは、ついに咎人の待つ地獄へと向かう。

[解説]
「週刊少年ジャンプ」での連載10周年を記念し、原作でもほとんど描かれていない地獄を舞台として、死神の力を持つ主人公・黒崎一護と凶悪な咎人(とがびと)とのバトルを描く劇場版第4弾。原作者の久保帯人の製作指揮のもと、「BLEACH」シリーズ史上かつてない死闘が繰り広げられる。監督は、劇場版、テレビシリーズで監督などを務めた阿部記之。劇場版では初となる、完全虚(ホロウ)化した一護の圧倒的な強さから目が離せない。

[感想]
原作のコミックには無いオリジナルストーリーでした。脅威的な一護の力を利用しようとする咎人との死闘が始まりますが、なんとそれすらも利用しようとするモノがいる。
スピード感のバトルシーンはやっぱり凄いなって思いますね。
家族のものが見たいって事だったので正月にまだ上映してたので見に行ってきましたが面白かったです^^




トロン:レガシー

トロン

トロン

トロン


[ストーリー]
デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が謎の失踪(しっそう)を遂げてから20年たったある日、27歳に成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)に父ケヴィンからのメッセージが届く。サムは、父ケヴィンの消息を追って父のオフィスに足を踏み入れるが、そこには衝撃的な真実が待ち受けていた。

[解説]
父親が創造した“トロン”と呼ばれるコンピューターの世界へ導かれた若者が、命を狙われながらも人類の存亡を賭けた死闘に挑むSFムービー大作。新鋭ジョセフ・コシンスキーが監督を務め、若者を『エラゴン 遺志を継ぐ者』のギャレット・ヘドランドが、父親を『クレイジー・ハート』のオスカー俳優ジェフ・ブリッジスがそれぞれ好演する。予測不可能なドラマや、スタイリッシュな近未来的映像などを迫力の3D映像で堪能したい。

[感想]
こちらもお正月に見た作品です。3D映画で上映されてましたが正直というかやっぱり3Dである必要は無いんじゃないか?って思ってしまいますね。
映画の内容は、前作トロン(1982年作)の続編のようす、前作を知らないで本作も見たのですけど普通に問題は無いと思います。前作を知っていればなぜケヴィン・フリン(父)が失踪したのでが分かるんですかね?
コンピューターの世界に転送された息子が見た父が実は・・・・
前宣見てのバトルシーンに期待をしていましたが、実際はえええって感じでちょっと物足りない=w=;
ホント無駄に3Dにしている。ラストは無事 息子は脱出するのだけどそこには・・・
期待していたよりは、正直面白くなかったです><



相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜

相棒-劇場版II

相棒-劇場版II

相棒-劇場版II


[ストーリー]
田丸警視総監(品川徹)、長谷川副総監(國村隼)をはじめとした警察幹部12名が、警視庁本部内で人質に取られる事件が発生する。偶然にも犯人と遭遇した神戸尊(及川光博)とその連絡を受けた杉下右京(水谷豊)の特命係の二人は独自に情報収集を進め、籠城(ろうじょう)犯が元警視庁刑事の八重樫(小澤征悦)だという事実を突き止める。

[解説]
初放送から10周年を迎えた人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの、2008年公開の第1弾に続く劇場版第2弾。警視庁本部内で起こった前代未聞の籠城(ろうじょう)事件に、警視庁特命係の刑事コンビ、杉下右京と神戸尊が挑む。主演の水谷豊、及川光博を筆頭に、「相棒」を支えるスタッフ、キャストが集結。練られたストーリーに深みのある人間ドラマ、そしてシリーズ10年目にして初めて明かされる衝撃的な真実に、ファンならずとも驚がくの一作だ。

[感想]
人気ドラマの映画版、 相棒の第2団!スピンオフの米沢守の事件簿も好評だっただけに期待が高いw
今回の内容は、警視庁内部での問題と、転覆?を狙っている警察庁の動き。日本の正義の象徴である警察組織の黒い部分が浮き出てきます。
英雄が英雄である為には悪が必要って事なんですね。英雄のみの正義では、善にはならない。
悪がいてこその善、でも悪が居なかったら?エゴイズム。当てはまるのはこの言葉だけ。
籠城事件を起こした犯人の背景には、お涙ちょうだいのヒューマンドラマがありましたがなぜか感情移入が出来ず泣けませんでした=w=;
今回の相棒、シリーズ10年目の超大作・・・・期待しすぎた><。




アンストッパブル

アンストッパブル

アンストッパブル

アンストッパブル


[ストーリー]
操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)は、この日初めてコンビを組んだウィル(クリス・パイン)と共に、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かう。

[解説]
実際に起こった列車暴走事故を基に、危険な薬物を大量に積載したまま無人で暴走し始めた貨物列車を、二人の鉄道マンが止めようと奮闘するサスペンス・アクション。『クリムゾン・タイド』『サブウェイ123 激突』など、これまで何度もコンビを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが再びタッグを組む。『スター・トレック』のクリス・パイン、『7つの贈り物』のロザリオ・ドーソンが共演。小さな整備ミスから制御不能となった列車の暴走シーンに息をのむ。

[感想]
実話を元にしたお話、職務怠慢から怠った人為的ミス、またそれにより引き起こされる悲劇の大惨事。
何でもない二人の鉄道職員が命を掛けて守りぬいた大切なもの。これはそんなお話でした。
劇中には、鉄道用語?なども出てきますが知らなくてもあるい程度理解する事が出来ます。そして列車が暴走しているシーンは迫力があります。実話を元にしたお話だからかラストの盛り上がりの部分が少し弱い気がする。
でも、そこがまた実話なんだなと実感する瞬間でもあると思う。
見終わった感想は、けっこうよかった!面白かった! です。
正直、相棒Ⅱより面白かったし(笑)




シュレック フォーエバー

シュレック-フォーエバー

シュレック-フォーエバー

シュレック-フォーエバー


[ストーリー]
子宝にも恵まれ幸せでのどかな毎日を過ごすシュレック一家だったが、シュレックは怪物として過ごしていた自由な日々を懐かしんでいた。そんな時、「遠い遠い国」の王座を長い間狙っていたペテン師の魔法使いランプルスティルスキンのワナにはまり、ある契約書にサインしたシュレックは、異次元の世界に飛ばされてしまい……。

[解説]
見かけは怖いが心優しい緑の怪物シュレックと仲間たちの冒険を描き、世界中でヒットした人気アニメ・シリーズ第4弾。シリーズ最終章となる本作では、ペテン師の魔法使いにだまされ異次元の世界へ飛ばされたシュレックが、元の世界に戻ろうと奮闘する。監督は、『スカイ・ハイ』のマイク・ミッチェル。声優陣には、マイク・マイヤーズ、キャメロン・ディアス、アントニオ・バンデラス、エディ・マーフィなどおなじみのキャストが続投し、人気シリーズ最終作を盛り上げる。

[感想]
2D版と3D版が上映されていますので、2D版を見てきました。
シュレッグ フォーエバー。。シリーズ最終作って話ですが、確かに最後のエンドでは次もあるよ?的な含みは何もなかったです。
今回のシュレッグは、ちょっといい話系です、平和な時間に慣れてしまい、大切なものを鬱陶しく感じてきた頃。悪魔の誘惑に負けてしまう事から始まります。
失って初めて気がつく大切な時間。無くして後悔する気持ち。
シュレッグは、もっと日常で何が大切か考えて忘れないようにしましょうね!と言っている気がします。
とわ言え、いい話だから盛り上がるかって言うとそうでもなく見せ方ですよね?全体的に見ると面白かった部分もあるけどちょっとイマイチな作品でした。
なので、DVDでいいかなって感じです。




DVDは続きを読むからどうぞ

つづきをよむ »

スポンサーサイト
2011年01月17日 (月)

ダイビングキャッチャー(@2010年)

去年の記事になります。

リネⅡ公式 パールゲーム ダイビングキャッチャーを今年も貯まったパールの清算でやりました。
アカウント2つ分を合わせると6000パール程ありました。
ゲーム1回100パールなので、60回は出来る計算になります。
去年は、A玉を引当 Aグレ再上級のバラキエルアックスをGETしました^^
今年のA賞の景品は、Sグレード武器だとか!
(もちろん売りましたけどw)

なんとしてもお年玉として今年もGETしたいと意気込んで挑戦してみました。

が・・・・


景品としてまだイケてそうなのかこちら・・・・


■秘伝書(SE本)

秘伝書


■ホワイトシーフキャップ

白羊帽子1


■ホワイトシーフキャップ

白羊帽子2


■ベアーキャップ

熊帽子


■原石BOX

原石BOX1


■原石BOX

原石BOX2



また・・・・来年がんばろう。
(てか 帽子多すぎ・・・・・=w=;)
2011年01月01日 (土)

新年あけましておめでとうございます。@2011年

うさぎ

年が明けてもう2週間になりますが、年末年始はなにかとバタバタとしていた為ごあいさつが遅くなってしまいました。
改めまして

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。





■わたくしごと■

≪リネージュ2≫
去年の年末は、ほんとバタバタしてて仕事にもリネにもあまり余裕を持てない状態でした。
そんな中、あるイベントがきっかけで血盟戦の布告を受けてしまい布告拡大をしないように
血盟での活動は停止となってしまいました;x;
今まで頑張って血盟を盛り上げて、そして大きくしてくれた血盟員のみんなにはほんと申し訳けなく思っています。
なんとか相手血盟さんと連絡を取ろうと頑張ってはいるのですが、全然連絡が取れない状況です><。
クロニクルスがアップデートされて周りでは新コンテンツなどで盛り上がっておりさみしい限りですが
笑ってまたみんなとワイワイ出来たらいいなって思います。


≪マイブーム≫
普段はあまり見ないのですが、年始に何となくインターネットビデオ配信(ひかりTV_ビデオ)でアニメを見ました。
そのアニメは、去年に実写化されて劇場公開されて初めて知った作品で、少し原作が気になっていたんです。
原作は、小説なのかコミックスなのかよくわかってないのですが、25話あるアニメが無料配信されていたので1話目をほんの軽い気持ちで見たんです。
タイトルは『 君に届け 』
1話を見て、2話目も見て、3話4話・・・・気がつけば25話まで2日掛けて見てしまいました@w@;
普段よく見る洋画とかでも、恋愛映画は好きな方だったので1話目からグイグイっと引き込まれてしまいました。
そして何よりこれまでの事だと、大抵1回見たらもう1回見るって事な無いんですが、なんと!見てしまったんです・・・
それも5回も・・・
もう完全にハマリまくりです。
何回見ても、うるうる来ちゃうんですね^^;
小説(1~8巻)やコミックス(1~12巻)の方ではもうかなり進んでいるようですが、アニメでは25話でもまだまだで、コミックスでいうと7巻目ぐらいの様子。
続きがあるとわかるとやっぱり気になっちゃいますよねwなのでコミックスを読んでみようかなって思ってます。
小説・コミックス共に現在でも続巻中との事ですので今後も楽しみです^^*
また今年の1月から2nd season(第2期)がアニメ放送されています。
コミックス売上累計1400万部超、今の私のマイブーム。
気になる方はこちらに1話の試し読みがありますので読んでみてください^^

>>君に届け Episode.0 プロローグ


≪仕事≫
年が明けて少し落ち着いてきた感じです。
嵐の前の静けさ かも知れませんが=w=;
私がいま任されている内容は、とりあえずは何かと不具合が出ている某I社のストレージサーバーの交換(計10台)、海外支店のセキュリティーソフトのヴァージョンUP(こっちはサポートかな)
あとは、統合Serverのアクセス管理は去年からの継続。
個人的に、JavaとかVBとかプログラムなんかもちょっと勉強したいなって思ってる。
何より、不況継続なご時世・・・・失業しないようにしなきゃ。


≪プライベート≫
去年の12月で遠距離をはじめてもう6年が過ぎました。
最初、遠距離は無理だと思ってきたけど思い返せばあっという間の6年。
いろいろあった時もあるけどこれだけ長く付き合ったのははじめてかも^^;
『君に届け』に感化されたのかもわからないけど、想いは伝えなきゃ分からない。
だから頑張っていきたいって思ってる(*'-'*)エヘヘ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。