セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年06月30日 (土)

6月度映画&DVD シネマLife

6月に見ました、劇場公開作品とDVDです。


***** 劇場 *****

6/2(土)

・パイレーツオブカリビアン ワールドエンド 

パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

パイレーツオブカリビアン ワールドエンド


***ストーリー***
“深海の悪霊”、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)と東インド会社のベケット卿(トム・ホランダー)が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集することだったが、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった。しかし、彼は現在“世界の果て”に囚われていて……

解説: 孤高の海賊ジャック・スパロウを主人公にしたアクション・アドベンチャーのシリーズ第3作。カリブ海からアジア、そして“世界の果て”へと舞台を広げ、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ、オーランド・ブルーム演じる青年ウィル・ターナーらの活躍が描かれる。アジア人海賊役でチョウ・ユンファ、ジャックの父親役にキース・リチャーズがシリーズ初登場。前作を超える予測不可能なストーリー展開と空前絶後の壮大物語が完結する。


シリーズ3作目の完結編、ラストは納得出来るような出来ないような・・・・
今まで謎のままになってたいたものが次々と明らかになっていきます。
あっ!という新事実?もあったりでかなり長編だけど、え?もう終わり?と思わせるほど楽しめる作品です。
パイレーツシリーズが終わるのは少し残念ですけど、ダラダラと続編ばかりが出てくるよりはいいですね。






6/9(土)

・プレステージ

プレステージ

プレステージ

プレステージ


***ストーリー***
若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる。その後、彼らは一流のマジシャンとして名声を得るが、その争いは次第に激しさを増す。

解説: クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化した壮大な人間ドラマ。かつて友人同士だった男たちが、奇術によって運命を狂わせていく様をスリリングにみせる。互角の実力を持つマジシャン役を『X-メン』シリーズのヒュー・ジャックマンと、『バットマン ビギンズ』のクリスチャン・ベイルが熱演。それぞれに趣向を凝らしたトリックで相手を追い詰めていく過程に興奮する。ヒロイン役にふんするスカーレット・ヨハンソンの魅惑的な衣装にも注目。


冒頭に、この映画の結末は誰にも言わないで下さいとコメントが流れます。
たしかに結末を知ってしまうと映画の面白さとか期待感がざっくりなくなります。
なんというか・・・・これジャンル違うじゃん!
ただ一言です。
(´・ω・`)ハァー




6/30(土)

・シュレック3

シュレック3

シュレック3

シュレック3


***ストーリー***
遠い遠い国のフィオナ姫と結婚した怪物シュレックに、病に倒れた王様から王位を継ぐように言い渡される。王位には興味のないシュレックは、ドンキーや長靴をはいた猫とともに、もう1人の王位継承権を持つアーサーを探す旅に出る。その間、チャーミング王子とおとぎ話の悪役たちが王国乗っ取り計画を企てるが・・・

笑い満載のフルCGアニメ シュレックの3作目。
前後のキャラ設定など、続編なだけに前作を見てないと面白さが半減すると思います。
内容は、王様の世継ぎをめぐって悪役たちとひと悶着^-^
私は日本語吹き替え版で浜ちゃんと藤原紀香さんでしたが、字幕版のマイク・マイヤーズ、エディ・マーフィー、キャメロン・ディアスなんかも聞いてみたいですね^^
そして白雪姫やシンデレラなどのお姫様たちの格闘シーンも良いですね♪私は個人的には白雪姫の歌うシーンが印象的でした。


***** DVD *****


・氷の微笑

氷の微笑

氷の微笑


***ストーリー***
アイスピック殺人事件の捜査線上に浮び上がった女性作家。事件を捜査する刑事は次第に、容疑者の妖しい魅力のとりこになっていく。やがて彼自身に殺人容疑がかかってしまうが……。


シャロン・ストーンの大胆な演技が話題を呼んだエロティック・サスペンス。
下で紹介をしますが2を見るために1を見直したというのが実情です。
じつはこの氷の微笑・・・・遥か昔にドライブシアターで見たことがあるんです^-^;
なんと、その時はFM音声で車内で聞けるのですが何も知らない私たちはただ・・・ただ・・・・無声映画を見てたいう苦い思い出の作品でもあります。
そんなわけで改めてみてみると、男と女の駆け引きとか騙しあい、最後まで犯人は???とハラハラドキドキ と楽しめる作品です。
ちょっと裸体の描写が多いので異性の方と見る時は気をつけてw






・氷の微笑2

氷の微笑2

氷の微笑2

氷の微笑2


***ストーリー***
1台のスポーツカーがテムズ川に突っ込む事件が発生し、車に乗っていた女性作家キャサリン(シャロン・ストーン)は一命を取りとめるが、同乗の人気サッカー選手は死亡してしまう。事件を担当する刑事ウォッシュバーン(デヴィッド・シューリス)は、キャサリンの精神鑑定を精神科医のマイケル(デヴィッド・モリッシー)に依頼するが……

解説 シャロン・ストーンを一躍トップスターにした大ヒット作『氷の微笑』の続編。ロンドンを舞台に、スターの不可解な死に関わる美ぼうの女流作家キャサリン・トラメルと、彼女の魅力に引き込まれる精神科医の駆け引きが展開する。魔性の女キャサリンを演じるのは、前作に引き続きシャロン・ストーン。監督は『ジャッカル』のマイケル・ケイトン=ジョーンズが担当している。


シリーズ2作目です。
相変わらずセクシーな描写と、ラストの大どんでん返しに注目な作品です^-^
まだまだ続編もあるよ的な感じが残ります。
しかしシャローンストーン・・・・スゴイ( ̄ロ ̄lll)





・ファイナルデッドコースター

ファイナルデットコースター

ファイナルデットコースター

ファイナルデットコースター


***ストーリー***
ウェンディ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、高校の卒業イベントでアミューズメント・パークを訪れた。ジェットコースターに乗り込んだ彼女は、乗っているジェットコースターが事故でクラッシュする予知夢を見てパニックになる。隣に座っていた友人のケヴィン(ライアン・メリマン)とともに乗車を拒否した後、実際に事故が起きて乗客全員が死亡した。

解説: 予知夢を見た若者たちが次々に事故死する『ファイナル・デスティネーション』『デッドコースター』に続くパニック・ホラーの最終章。ジェットコースターの座席順にめぐる死から逃れようともがく若者たちの戦いを描く。不思議な力を持つヒロインを熱演するのは、『ザ・リング2』のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。彼女を助ける友人役に、人気テレビシリーズ「TAKEN」にも出演しているライアン・メリマン。「X-ファイル」シリーズや「24 TWENTY FOUR」シリーズを手がけたスタッフたちによるスリリングな映像は必見。


題名は違いますがシリーズものなんでしょうか?
私はこの作品しかしらないのですが、いわゆるB級映画です。
見えない何かに次々と殺されていく仲間達、予想以上のグロイ描写==;
シリーズ物だとわかっても前作?を見ようとは思いませんでした。





・トランスポーター2

トランスポーター2

トランスポーター2


***ストーリー***
トランスポーター業から足を洗い、マイアミにやって来たフランク(ジェイスン・ステイサム)。彼は裕福なビリングス家の6歳になる一人息子、ジャック(ハンター・クラリー)の送り迎え係として穏やかな日々を過ごしていた。しかし、ある日、ジャックの定期健診のために訪れた病院で、2人は何者かに襲われてしまう。

解説: ワケありの依頼品をクライアントの注文通りに届けるトランスポーター(プロの運び屋)の活躍を描いた大ヒット・アクションの続編。監督は前作に引き続き、『ダニー・ザ・ドッグ』のルイ・レテリエが務め、クールでスタイリッシュなトランスポーターのフランク・マーティンにはジェイソン・ステイサムがふんする。前作よりもさらにパワーアップしたド派手なカーアクションと、ステイサムが体当たりで見せる格闘シーンは興奮すること間違いなしだ。

今回の車はW型12気筒エンジンを搭載したアウディ『A8 6.0 クワトロ』らしいです。車のことはよくわかりませんがバットマンカーの並の装備です^-^
工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工
と思わず唸ってしまうようなカーアクションは見ごたえバッチシですw
深く考えずに作品を楽しんで吉ですね♪
シリーズ2作目、次回作にも期待w(あれば)





・恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~

恋するレシピ


***ストーリー***
35歳にもなって実家で暮らすトリップに手を焼く両親は、息子を自立させるためのプロがいると知り、早速その"プロ"ポーラにトリップのことを依頼する。
ポーラがこれまでに担当してきた男性とは違うトリップに魅力を感じいつの間にか惹かれ始めている。
一方のトリップも両親のいる自宅にポーラを招待し、これまでの女性とは違う振る舞いを見せる彼女に惹かれ始める・・・

前にみたウィルスミスの映画で、最後の恋のはじめ方 というのがあります。
それの女性版。そんなネタバレな映画です。
安心して最後まで見れる映画で、ちょっぴりコメディちっくな部分もあり笑の部分もあります。
ほっと一息つきたい時に見るのにいい映画ですね(´∀`*)





・デトネーター

デトネーター


***ストーリー***
引退前の最後の任務を遂行するためにルーマニアのブカレストに赴いたグリフ(ウェズリー・スナイプス)は、地元のギャング一味に接触する。グリフは首尾よく武器の密売人らが取引を行う現場に潜入するが、密告で正体がばれてギャングとの銃撃戦に発展してしまう。辛くも難を逃れたグリフだったが、地元警察に逮捕され……

銃撃戦・爆破・派手な演出なのですがどことなく陳腐さを感じさせます。
俳優の姿がどこか80年代を彷彿させるからでしょうか?
B級映画です。





・沈黙の傭兵

沈黙の傭兵

沈黙の傭兵


***ストーリー***
湾岸戦争の英雄で屈強な傭兵のジョン・シーガー(スティーヴン・セガール)は、アフリカの独裁国家ガルモラル島での任務中にCIAの策略によって仲間を失ってしまう。怒りと失意に打ち震えるシーガーの前に新たなミッションが下るが、それは南アフリカの刑務所に投獄された大物武器商人の息子を脱出させるという困難な任務だった。

解説: 人気アクションスター、スティーヴン・セガール主演による“沈黙”シリーズ最新作。要人の息子を脱獄させるミッションを受けた傭兵が、敵が仕掛ける罠をかわしながら任務を遂行する姿を描く。監督には『沈黙の脱獄』のドン・E・ファンルロイ監督が再び抜擢され、己の正義に従って行動する傭兵役に挑んだセガールを、硬派な魅力たっぷりに演出する。大迫力アクションだけでなく、先の読めないストーリーにも引き込まれる。

言わずと知れたセガールの沈黙シリーズです。
個性派アクションで最近ハヤリのワイヤーアクションとか派手さはないけどしっかり楽しめる作品です。
スティーヴン・セガールももう随分な年だと思うのですが頑張って欲しいです^-^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。