セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年07月31日 (火)

7月度 劇場公開映画 と DVD

7月の映画鑑賞日記です。

【 劇場公開 】

7/1(日)

・ダイ・ハード4.0

">ダイハード4.0

ダイハード4.0

ダイハード4.0

***すとーりー***
デジタルによって制御されている全米の都市機能の壊滅を狙う謎のサイバーテロ組織が動き出し、システムがテロによって攻撃されようとしていた。アメリカ政府ですら機能不全に陥ってしまう緊急事態のなか、これまで幾度となく危機を救ってきた元刑事のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が、再び事件解決に乗り出す。

解説: ブルース・ウィリスが悪夢のような事件に遭遇しながらも知恵と体力を駆使して巨悪と戦い抜く、大人気アクションシリーズ第4弾。ウィリスは人間味あふれる主人公ジョン・マクレーンを演じるほか、製作も兼任。『アンダーワールド』のレン・ワイズマンを監督に迎え、全米を襲うサイバーテロの野望に立ち向かう最強に“運の悪い”男の不死身の奮闘を活写する。閉鎖的な空間での死闘が多かった前作までに比べ、カーアクション満載の豪快なアクションの数々に圧倒される。

久々のダイハード♪久作も大好きな映画だけに期待大です^-^
今回はサイバーテロと戦うので頭脳派?と思いきや!いつのも肉体派アクションで生と死の狭間で生きてる感じが満載です。
時間は最近の映画にしては短めです。もっと見たいぃぃぃぃという気持ちになるぐらい楽しめました。
前日に見た、シュレック3よりダイハードの方が面白かったなぁと思う私でした。




7/28

・ハリー・ポッター 不死鳥の騎士団

ハリーポッター

ハリーポッター

ハリーポッター

***すとーりー***
ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、最近、ヴォルデモート卿のうわさを聞かないことに気付く。そんな折、魔法省は学校にお目付役として新しく防衛術を教える教師を送り込む。
その授業を不満に思ったハリーは親友のハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと“ダンブルドア軍団”を結成する。

解説: 世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズを映画化し、メガヒットを飛ばした映画版シリーズ第5弾。おなじみの主人公ハリー・ポッターとその仲間たちが邪悪なヴォルデモート卿相手に、秘密同盟の“不死鳥の騎士団”と協力して戦う姿を描く。今回監督を務めるのは、英国テレビ界出身のデヴィッド・イェーツ。これまでになく激しい魔法戦を、より肉体的にも精神的にも成長したハリーらが戦い抜く姿に圧倒される。


人気シリーズの5作目です、ハリーとヴォルデモートの関係が明らかになる!!
・・・・・のですが、ちょっと意味が理解できませんでした;-;
もう頭の中ではえ?え?え?え?な状態です。
DVDでは無いので撒き戻して見る事も出来ないので、レンタルが開始されたらまた見るつもり・・・
2:30ぐらいの長編ですが展開も速いのであっというまに終わってしまいます。次の続編にますます期待が^-^






【 DVD 】

・プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

***すとーりー***
アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった。

解説: ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説を映画化した、ハートウォーミングな女性映画。ゴージャスなファッション業界誌の舞台裏をコミカルにみせる。カリスマ編集長を貫禄たっぷりに演じたのは『クライシス・オブ・アメリカ』のメリル・ストリープ。助手役の『ブロークバック・マウンテン』のアン・ハサウェイと大物女優のやり取りもスリリングだ。続々と登場する一流ブランドのファッションや着こなしも必見。

前々から気になっていた作品です。
だれでも一度はあるのでないでしょうか?恋愛か仕事か。
価値感はひとそれぞれ違うけど見てて楽しい映画です、ハッピーエンド?なのかどうかはわかりませんが自分は自分らしく!
そんな力をくれる映画でした^-^






今月はDVDをたくさん見たので続きは「 続きをみる 」からどうぞ^^;
DVDの続きです。



・ザ・フォッグ

ザフォッグ

ザフォッグ

ザフォッグ

***すとーりー***
オレゴン州アントニオ島の港町アントニオ・ベイで開かれた、町の英雄4人をたたえる創立記念日の夜、町全体を覆う深い霧が発生した。何かに導かれるように帰省したエリザベス(マギー・グレイス)は、元恋人のニック(トム・ウェリング)とともに霧が起こした怪現象に遭遇する。

DVDのパッケージをみて面白ろそう?と思い借りてみました。
過去の因縁が街を死の恐怖に陥れる作品なのですが、なんというか・・・・はっきり言えば 「 つまんない=へ= 」です。
終わりも え? って感じですしね・・・B級ならぬC級映画です。




・ウェディング プランナー

ウェディング・プランナー

ウェディング・プランナー

ウェディング・プランナー

***すとーりー***
幼い頃から花嫁に憧れて、素敵な結婚式を夢見てきたメアリーは、今やサンフランシスコでNo.1の名ウェディング・プランナー。幸せな恋人達に最高の結婚式を提供するのが彼女の仕事だ。5年間で業界のトップに上りつめた彼女は、これまで仕事一筋で生きてきた。そんな慌ただしい毎日の中、メアリーは交通事故に遭いそうになった自分を間一髪で救ってくれた医師・スティーブに、今までにないときめきを感じる。しかし、スティーブは彼女が結婚式を手掛けるクライアントのフィアンセだった…

ジェニファーロペス主演のラブコメです。コメディー部分は微弱ですので最後まで普通に見れます^^
まぁしかし・・・・結婚式開始直前でよくも・・・って感じw
実際にもやっぱりあることなんでしょうね~
ジェニファーが演じているウェディング・プランナーですが、実際に日本でもたくさん会社がありますね。
NETで検索かけると山のように出てきます。そこの一流プランナーさん達はこの映画を見て、違うし!っていうのか。(*゜▽゜)*。_。)ウンウン というのか・・・・ちょっと聞いてみたいですね^^




・南極物語

南極物語

南極物語

***すとーりー***
米国科学財団の南極基地で働く南極ガイドのジェリー・シェパード(ポール・ウォーカー)は、記録的な猛吹雪に見舞われてしまう。そのため、さまざまな困難を一緒に乗り越えてきた 8匹のそり犬を残し南極を去らなければならなかった。仲間と助け合い、過酷な運命にたくましく立ち向かっていく名犬たち。

わんちゃん達がいい味出してますw
ちょっっぴり泣ける場面もありますが、がんばれ!!って思える作品です。家族や気の会う友達と見るのにいいかも♪





・SOWⅡ

ソウ2

***すとーりー***
残忍な手口の殺人事件が発生。刑事エリック(ドニー・ウォルバーグ)は、過去に連続殺人犯として世の中を騒がせたジグソウ(トビン・ベル)の存在を思い出す。

解説: 低予算作品ながら世界中で大ヒットした密室サスペンス・ホラーの第2弾。前作で監督を務めたジェームズ・ワンは製作総指揮を担当し、監督には新進のダーレン・リン・バウズマンを迎え、前作をしのぐ前人未到の衝撃作に仕上げた。前作に引き続きトビン・ベルが狂気の殺人犯を演じ、病的なまでに恐怖に満ちたゲームを続行させる。日米同時公開されることでも話題となっている。


・SOWⅢ

ソウ3

***すとーりー***
殺人現場に呼び出された女刑事ケリー(ディナ・メイヤー)は、鎖に繋がれ、爆弾で飛び散った死体を目撃する。死体が行方不明の同僚ではなかったことに彼女は胸をなでおろすが、ジグソウはもう動けないはずだったことから、誰の仕業なのか疑問を抱く。その夜、ケリーは何者かに拉致され、気がつくと地下室に監禁されていた。

解説: 斬新なアイデアと巧みなストーリー展開が話題を呼び、世界的大ヒットを記録したサスペンス・スリラー『ソウ』シリーズ第3弾。密室に監禁された者たちが凄惨(せいさん)なゲームに翻ろうされ、究極の恐怖を体感する。シリーズを生み出したジェームズ・ワンと、リー・ワネルのコンビが原案と製作総指揮を務め、前作に引き続きダーレン・リン・バウズマンが監督を担当。想像を絶する恐ろしい死のゲームの行方や、ついに明かされるジグソウの謎と運命に注目。


パニックホラーシリーズの2作目、3作目。
1作目がかなりショッキングな内容で人の心理をえぐり出す、そんな印象を受けたのを覚えてます。リアル友達からソウ3みたよ~なるほど~って感じwwwみたいな連絡を受けてましたので少し気になっていたので見ました。
見終えた感想は 「 ふむ(´・ω・`) 」です。
1作目ほどのインパクトはすでになく、仕掛けはいろいろ凝ってるのですが淡々と見れます。しかし以外?な人物がジグゾウの跡継ぎを・・・
1作目を見た人は続編をみてすっきり?するのも良いかもです^-^





・CHAOS-カオス-

カオス

カオス

***すとーりー***
シアトルの銀行を武装強盗団が襲撃し、リーダーのローレンツ(ウェズリー・スナイプス)は、交渉人にコナーズ刑事(ジェイソン・ステイサム)を指名する。交渉中、一味は警察の裏をかいて逃走してしまうが、銀行からは何も盗まれていないことが判明。コナーズは新米刑事デッカー(ライアン・フィリップ)と組み、不可解な事件を追うが……

トランスポータという映画がありまして、その主演をされていたジェイソン・ステイサムが出ている作品です。
疑惑・裏切り、最後の最後まで犯人と目的から目が離せない作品です。
ダイハードなどのドハデな物はないので最近の傾向からすると、ちょっと物足りなく思うかもしれませんが私は十分に楽しめました♪
何か見るものないかな~って時にいいかもですw




・きみに読む物語
きみに読む物語

きみに読む物語

***すとーりー***
家族とひと夏を過ごすためにノース・カロライナにやって来た良家の子女アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)から熱烈なアプローチを受け、やがて愛し合うようになる。
解説: 『メッセージ・イン・ア・ボトル』などで知られるニコラス・パークスのベストセラー小説を映画化。身分違いの純愛を貫く若き恋人同士の情熱的な愛と彼らの行く末がつづられる。監督は『シーズ・ソー・ラヴリー』のニック・カサヴェテス。出演は『16歳の合衆国』の若手トップスター、ライアン・ゴズリング、本作の演技で一躍注目を集めたレイチェル・マクアダムス、カサヴェテス監督の実母ジーナ・ローランズら。涙なしには見られない、珠玉のラブストーリー。


言ってしまえば昔話です。
ですが、ふたりにとっては何者にも変えがたいステキな思い出を綴った日記(物語)。
ちょっぴり感動のそして切ない作品です。
ステキ~と思うか、かわいそう・・・(゜-Å) と思うかはあなた次第w
まだ見てない人にはけっこうお勧めかもしれません。




・007 カジノロワイヤル

007カジノ・ロワイヤル

***すとーりー***
英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。


人気シリーズの最新作。
ジェームズポンドが007になる前?なったばかり?のストーリーです。
ハラハラドキドキの作品です。
シリーズ中では、中の上ぐらいですかね?あまり期待すると・・・^^;




・DEATH NOTE 前/後編

DEATH-NOTE-1

DEATH-NOTE-2

***すとーりー***
[前編]
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也)は、興味本位で他人の名前をノートに書き込んでしまう。その名前の人間の死を目の当たりにし、最初は恐怖を覚えた月だったが、やがて理想的な世の中を作るべく凶悪犯たちの名前を次々とノートに書き始める。
[後編]
死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。恋人が死んだ事件をきっかけに、キラ事件の捜査本部に入り込んだ彼は、キラ事件を解明するためにインターポールが送り込んできた天才青年L(松山ケンイチ)と壮絶な頭脳戦を繰り広げることになる。


劇場公開から話題になった邦画ですが、前編から後編まで公開期間がかなり空いていたので、自分の中で「前編みたら絶対後編が気なるわ・・・」ってのがあり、前編後編を一気に見れるこの瞬間まで待ってました^0^
見てみると、やはり前後見てスッキリ?な状態です。
しかし・・・後編は特に長いw邦画にしてはかなり長いですよね?
その分内容もあるんでしょうけど、原作とはちょっと違った内容になってますね、大まかなストーリーは同じですが。
見るなら半日かけて前後を一気に見ましょうwww




・ドリームガールズ

ドリームガールズ

ドリームガールズ

ドリームガールズ

***すとーりー***
エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見てニューヨークへ旅立った。やり手マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に見出され、大スターのジェームズ・“サンダー”・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてデビューするが……


友情・恋愛・成功、そして失っていくもの。
人々に夢を与えたドリームガールズのメンバーの葛藤の物語。
ジャンルはオペラ座の怪人、シカゴなどと同じミュージカル調、レビューなんかを読むとけっこう酷評を書かれてたりしますが私はけっこう好きです。
普通の映画を見たい人にはイマイチでしょうが、音楽映画バンザイな私には十分に楽しめる作品です。流れる曲も聴いたことがあるような曲ばかりでそこもまたグッドw




・テキサス・チェーンソー ビギニング

テキサス・チェーンソー

***すとーりー***
1939年8月、生後すぐに捨てられた赤ん坊がゴミを漁っていた女に拾われ、トーマスと名づけられヒューイット家で育てられる。やがて食肉処理工場で働き始めた彼は、工場が閉鎖された衝撃から工場長を殺害。一方、テキサス縦断旅行に出ていた4人の若者たちは、保安官になりすましたトーマスの叔父に連れ去られてしまい……


前作のテキサスチェーンソーは見たことがないのですが、なんというか・・・普通のスプラッター映画?ですかね。
さして怖いって印象もなく、グロさだけが目立つ。
最後のエンドロールで言ってましたが、実話?なんでしょうか。
昔に食人族という映画があったのを思い出しました。。。。キモカッタ><;





・エネミー・ライン2 -北朝鮮への潜入-
エネミーライン2

***すとーりー***
米国と北朝鮮、第二次世界大戦後から続く一触即発の緊迫した対立関係の中で、北朝鮮が秘密基地内に核ミサイルを保有しているという情報が米ホワイトハウスに届いた。その脅威を防ぐべく基地の破壊作戦に任命されたのは、米海軍のジェームス大尉率いる選ばれし戦士たちだった。ところがミッション開始直後、不意に作戦失敗の連絡が入り、4人の兵士を敵地に残したまま海軍は撤退を余儀なくされる…


前作のエネミーラインがハラハラドキドキのすごく面白っかったので続編の2に期待をして借りました。
が!
2は1とはまったくかけ離れた作品となってました。
レビューなんかでも書かれてますが、前半のカメラワークは最悪です;;、ただドンバチしてるだけ。そんな映画でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。