セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月18日 (月)

劇場公開&DVD(1月末-2月初)

1月末から2月初旬はリアル仕事で出張が多かったせいでDVDのレンタル数が結構いったと思います^-^;
劇場公開作品も見れましたのでご紹介をw

=== 劇場公開 ===
・スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
・テラビシアにかける橋
・アメリカンギャングスター

== DVD ===
・キンキーブーツ
・リトル・ミス・サンシャイン
・ロード・オブ・ウォー
・ブラッド
・プロデューサーズ
・主人公は僕だった
・イントゥ・ザ・ブルー
・トリスタンとイゾルデあの日に誓う物語
・ミリオンダラー・ベイビー
・最終兵器彼女



スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スウィーニートッド

スウィーニートッド

スウィーニートッド


[ストーリー]
19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振るい始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた。

[解説]
ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン。彼と6度目のコラボレートとなるジョニー・デップが、これまでにも映画や舞台で数多く取り上げられてきた伝説の殺人鬼スウィーニー・トッドを演じる。共演はティム・バートン夫人でもあるヘレナ・ボナム=カーター。本格的な歌声を初披露するジョニーのミュージカルスターぶりに注目だ。

[感想]
ミュージカルなのだけど、なぜかイマイチ・・・
内容の方もぐっと来るのもがなく えーー・・・・って感じ。
期待をしていただけにとてもガッカリです。
あと、けっこう首切りのシーンが生々しくて気持ち悪い(ホラー映画としてみたならそうでもなかったかも)
ミートパイ・・・昔にみた映画で中華飯店 人肉饅頭 というホラー?映画を思い出しました。(ネタバレ)



テラビシアにかける橋
テラビシアにかける橋

テラビシアにかける橋

テラビシアにかける橋


[ストーリー]
女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所の森に美しい空想上の王国“テラビシア”を作る。

[解説]
国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。監督はアニメ界出身のガボア・クスポ。主人公の少年少女を『ザスーラ』のジョシュ・ハッチャーソンと『チャーリーとチョコレート工場』のアナソフィア・ロブが演じる。CG技術を駆使して描いた子どもたちの空想世界と、涙を誘う感動のストーリーが見どころ。

[感想]
すーーーーーぅぅぅぅぅっごく良かったです!
感動します!空想世界のテラビジアもとてもキレイでした。
アナソフィア(レスリー)がとてもキュートで可愛かったです^-^

劇場では、テラビシアを見てスウィニートッドを見ましたが、見る順番を間違えたと思いました;-;



アメリカン・ギャングスター
アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター


[ストーリー]
1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横暴ともいえる強引なやり方で財力をつけたフランクは、マフィアにも一目置かれる麻薬王として街に君臨する。

[解説]
1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。主演はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。彼を追う刑事を同じくオスカー俳優のラッセル・クロウが演じる。型破りなギャングスターの知られざる実像、多くの有名アーティストによるゲスト出演などに注目。

[感想]
デンゼルワシントン カッコヨス(*/∇\*)
ラッセルクローもいいです!
でも・・・でも・・・・期待し過ぎていたようで面白かったのだけど、なぜかスッキリしない
ラストが期待してたモノと違ったからかな==;





DVDです。

キンキーブーツ
キンキーブーツ

キンキーブーツ


[ストーリー]
父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。

[解説]
サンダンス映画祭で絶賛され、本国イギリスで社会現象を巻き起こしたハートフルドラマ。ドラッグクイーン用のブーツを作ることになった靴工場の経営者と、自分らしさを模索するドラッグクイーンの友情物語が展開する。靴工場の経営者を「スター・ウォーズ」シリーズのジョエル・エドガートン、ドラッグクイーンを『堕天使のパスポート』のキウェテル・イジョフォーが好演。笑って泣けて、最後には心が温まるストーリー展開が感動的。

[感想]
良かったです^-^
出張中の電車の中でこっそり見てたのですが、おもわずほっこり泣けてきました。
友情・仲間・恋愛など、最初は期待してなかったけどローラが登場する中盤以降から
ぐぐっと引きこまれていきました。
セクシーブーツ・・・・まさに女王様仕様って感じですw

他作品は続きを読むからどうぞ



DVDの続き

リトル・ミス・サンシャインリトル・ミス・サンシャイン


[ストーリー]
小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フランク(スティーヴ・カレル)らと車で決勝大会の会場を目指す。

[感想]
バラバラだった家族が、旅(ミスコン会場までの)を通じて家族の絆に目覚める話。
ハートフルストーリーというキャッチコピー(ツタヤのコメント)をみてレンタルしてみましたが
なんというか。。。。ちょっとイマイチ、もうちょっとコメディ要素があったらよかったのかも。
笑いのポイントが合う方は楽しめるかもしれません。
ラスト付近の家族が団結したところは良かったかもしれませんが・・・ラストのミスコンが・・・・



ロード・オブ・ウォー
ロード・オブ・ウォー


[ストーリー]
ソ連崩壊前のウクライナに生まれたユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、少年時代にユダヤ系と偽ってアメリカに家族で移住。両親がNYに開いたレストランを手伝う中、客の美女エヴァ(ブリジット・モイナハン)に一目惚れするものの、彼女はユーリーに気づかない。いつしかユーリーは、弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)と組んで、武器売買事業を始めるようになった。刑事ジャック・ヴァレンタイン(イーサン・ホーク)に目をつけられながらも、天性の才を発揮するユーリー。一方、繊細なヴィタリーは、自分がこのビジネスに向いていないことに気づき、ドラッグに溺れ始める

[感想]
私の好きな俳優さんのひとり ニコラス・ケイジ主演です。
武器密売を素人からやりはじめ、コネを使い裏社会でのし上がっていく。
主人公の心の声?解説?が頻繁にあり、ニコラスケイジらしい作品になってる気がしてけっこう好きです。
全体的にみると B級映画って感じがしますね==;
スキナノニ・・・・
それと、最近の上映作品のアメリカン・ギャングスターとかぶりますw



ブラッド
ブラッド


[ストーリー]
ある日、セイディー(ルーシー・リュー)がカルト集団の記事絡みで取材した少女の死体が路地裏で発見される。彼女はその少女の件で同僚の部屋を訪ねるが、そこにいた見知らぬ男(ジェームズ・ダーシー)に拉致されてしまう。ヴァンパイア集団のアジトである豪邸に連れ込まれた彼女は、彼らの餌食になってしまう。思いがけずヴァンパイアにさせられた記者が、自分をそんな体にした相手に復しゅうするために立ち上がる

[感想]
ルーシー・リュー主演のアクションホラーです。
バンパイアになったばかりの頃のルーシーが、教会?ホーム?で自分の欲求にまけて老人を殺めるシーンがちょっとグロかったように思います。
全体的にみると、まぁまぁな作品。ラストは え?!って感じですw



プロデューサーズ
プロデューサーズ

プロデューサーズ


[ストーリー]
落ち目の舞台プロデューサー(ネイサン・レイン)と小心者の会計士(マシュー・ブロデリック)は、必要以上に資金を集め横取りするために、失敗間違いなしの最悪の駄作をブロードウェイで上演する計画を練るがコケるどころか大絶賛されてしまう。

[感想]
ブロードウェイミュージカルを手がけるプロデューサーのコメディちっくな音楽映画です。
主演女優にユア・サーマンが出ています。
すごくたのしい映画です、最後には友情?もありでのハッピーエンド♪
なんといってもセクシーなユアが見れます^-^



主人公は僕だった
主人公は僕だった


[ストーリー]
毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数だけ歯を磨き、同じ歩数でバス停まで歩き、毎晩同じ時間に眠る会計検査官のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)。そんな几帳面すぎる毎日が続くある日、彼の行動を正確に描写する女性の声が彼の耳に聞こえてくる。その声の主は人気悲劇作家のカレン・アイフル(エマ・トンプソン)だった。

[感想]
劇場公開時に見に行きたくて、行けなかった作品です。
平々凡々と毎日の繰り返しだったハロルド、天の声?に対してのツッコミ映画(どんな映画だよw)かと思いきや、自分の未来に対する衝撃的な事実(結末)をしってしまう。
ラストはなかなか感動いたします。(ですが泣きませんでした^-^;)
見たかった作品でしたので見れて満足です、でもDVDでよかったとも思いました。



イントゥ・ザ・ブルー
イントゥ・ザ・ブルー


[ストーリー]
バハマのニュー・プロヴィデンス島で、ダイビングのインストラクターをしているジャレッド・コール(ポール・ウォーカー)。おんぼろのトレーラーに住み、水漏れする中古船に乗りながら、ジャレッドはトレジャー・ハンターを夢見ていた。しかし昔からのライバルであるベーツ(ジョシュ・ブローリン)にバカにされ、いつまでたっても夢は叶いそうにない。サメのハンドラーとして働くガールフレンドのサム(ジェシカ・アルバ)と一緒にカリブの青く透明な海で過ごす毎日は、それなりに幸せだった…。ある日、ジャレッドの幼なじみのブライス・ダン(スコット・カーン)が新しいGFのアマンダ(アシュレー・スコット)と一緒に、バハマに遊びにやって来た。ブライスはニューヨークで弁護士として成功を収めており、海辺にある大きな豪邸とヨットを購入していた。4人はすぐさま島の周辺へダイビングに出かける。クリスタルブルーの海にはまばゆい宝石のような魚やサンゴがいっぱいで、昨日の嵐も忘れてしまうほどだった。そのとき、ジャレッドはついにカリブの海の底で沈没船のかけらを見つける

[感想]
大好きな女優 ジェシカ・アルバ主演の作品です。
青い海!ロケーションは最高です^-^
ジェシカらしいアクションもあり、水中シーンではジェシカの魅力が満載です。
それにジョーズばりのサメがけっこう出てきてドキドキです>w<



トリスタンとイゾルデあの日に誓う物語
トリスタンとイゾルデ


[ストーリー]
コーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)に育てられた騎士トリスタン(ジェームズ・フランコ)は戦闘の末重傷を負い、敵国アイルランドに流れ着く。アイルランド王の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)から献身的な介護を受けたトリスタンは、やがて彼女と恋に落ちるが、イゾルデはマークと政略結婚することになってしまう

[感想]
ロミオとジュリエットの元になった物語らしいです。(パッケージ談)
悲恋物語です。かなしい結末と分かっていてもやっぱりハッピーエンドを望んでしまいます。
長編映画ですが、え?もう終わり??と思えるほど展開も速く飽きる事はありませんでした。
最後のトリスタンカッコ良すぎ(*/∇\*)



ミリオンダラー・ベイビー
ミリオンダラー・ベイビー


[ストーリー]
トレーラー育ちの不遇な人生から抜け出そうと、自分のボクシングの才能を頼りにロサンゼルスにやってきた31歳のマギー(ヒラリー・スワンク)。彼女は、小さなボクシング・ジムを経営する名トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)に弟子入りを志願するが、女性ボクサーは取らないと主張するフランキーにすげなく追い返される。だがこれが最後のチャンスだと知るマギーは、ウェイトレスの仕事をかけもちしながら、残りの時間をすべて練習に費やしていた。そんな彼女の真剣さに打たれ、ついにトレーナーを引き受けるフランキー。彼の指導のもと、めきめきと腕を上げたマギーは、試合で連覇を重ね、瞬く間にチャンピオンの座を狙うまでに成長。同時に、実娘に何通手紙を出しても送り返されてしまうフランキーと、家族の愛に恵まれないマギーの間には、師弟関係を超えた深い絆が芽生えていく。

[感想]
悲しい;; マギー(ヒラリー)の最後が悲しすぎです;;
戦ってるマギーに 思わず「がんばれ!」と応援したくなります。
けど、マギーの家族にすごくムカつく!ムキィィィィイ━━━━━(#`Д´)凸
見事に作り手の策略にハマリましたw
感動物ですが、やっぱり悲しい;ー;



最終兵器彼女
最終兵器彼女


[ストーリー]
小樽の同じ高校に通うクラスメートのちせ(前田亜季)とシュウジ(窪塚俊介)。ある日、シュウジは友人のアツシ(木村了)とアケミ(貫地谷しほり)と札幌へ出かけるが、突然無数の爆撃機が街を攻撃し始める。

[感想]
コミックを持っています。
コミックは泣けます(;-;
実写版はあまり期待はしていませんでしたが、興味本位で借りてみました。
短い時間で世界感は出てると思います。
けど、やっぱり原作?をしっているだけに物足りません。
劇場版を見て興味を持ち、コミックを見るだと良かったんだと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。