セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月25日 (月)

劇場公開&DVD(2008/2月)

=== 劇場公開 ===
・マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

== DVD ===
・フリーダム・ライターズ
・敬愛なるベートーヴェン
・恋愛睡眠のすすめ



マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
マゴリアムおじさん

マゴリアムおじさん

マゴリアムおじさん


[ストーリー]
まるで魔法にかけられたように、商品が勝手に動き出すマゴリアムおじさん(ダスティン・ホフマン)のおもちゃ屋。大盛況の折、マゴリアムおじさんは雇われ支配人のモリー(ナタリー・ポートマン)を後継者にすることを宣言。しかしその日を境に、マゴリアムおじさんの引退に不満を感じたおもちゃたちが・・・・

[解説]
ナタリー・ポートマンとダスティン・ホフマンという豪華共演による、奇想天外なおもちゃ屋を舞台にしたファンタジードラマ。おもちゃ屋の再興を目指す支配人とオーナーの冒険が温かく描かれる。『主人公は僕だった』の脚本を担当し、一躍注目の的となったザック・ヘルムの監督デビュー作。独りでに動き出すおもちゃや絵本から飛び出る動物など、色彩と躍動感あふれるビジュアルも見どころ。

[感想]
映像も楽しく♪ストーリーも♪♪
笑いもあり、涙もあり;-;
とても良かったです。
自分を信じ可能性を否定してはダメって事を教えられました。
見終わった後ほっこり出来る作品です^^



フリーダム・ライターズ
フリーダム・ライターズ

フリーダム・ライターズ


[ストーリー]
1994年、ロドニー・キング事件を機に起きたロス暴動直後のロサンゼルス郊外にある、ロングビーチのウィルソン高校に赴任してきた英語教師エリン(ヒラリー・スワンク)は、問題が多く、基本的な学習能力さえない生徒たちを担当することになる。しかも、生徒たちの間では人種間の対立が激化し、むなしい争いが繰り広げられていた。エリンはそんな生徒達にある提案をする・・・・

[感想]
実話を映画化し話題になった作品です。
ヒラリー・スワンクってヒューマンドラマがすごく合ってるよう思います^^
人種を超えた信頼・友達・家族の大切さ。人は変わるきっかけを待っている、そんな気がします。じーーーんとくる感動があります。
良かったです。


敬愛なるベートーヴェン
敬愛なるベートーヴェン

敬愛なるベートーヴェン


[ストーリー]
音楽学校に通う学生アンナ(ダイアン・クルーガー)は、作曲家ベートーヴェン(エド・ハリス)が楽譜を清書するコピストを務めることになった。ベートーヴェンを尊敬するアンナは彼の粗暴な振る舞いに驚くが、一方のベートーヴェンはアンナが優れた才能の持ち主であることを見抜き、徐々に彼女に信頼を置くようになっていく

[感想]
偉人である、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。
その名前は学生時代の教科書でみた記憶があります。
気難しいベートーヴェン、師を思うアンナ・・・劇中の「第九交響曲」の演奏はすごかったです!
もう圧倒されそうでしたΣ( ̄ロ ̄lll)
惜しむべくは・・・・DVDで見てしまった事;; 劇場の音響、大画面でぜひ見たかったと思いました。
すごく良かったです^-^



恋愛睡眠のすすめ
恋愛睡眠のすすめ

恋愛睡眠のすすめ


[ストーリー]
さえない人生を送るステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は父の死をきっかけに、住み慣れたメキシコから母のいるパリへ帰郷する。彼はアパートの隣に引っ越してきたステファニー(シャルロット・ゲンズブール)に恋をするが、なかなか思いを伝えることができず、次第に彼女との関係が成就した夢の世界に逃避するようになる。

[感想]
はっきり言ってよく分かりません!
見所はどこなんでしょうか・・・タイトルから癒し系のほんわか映画を連想したんだけど、実際見てみると夢と現実の区別がつかない精神異常者?の恋愛?映画だった。
それも彼女との出会いで良くなっていき、人生の再スタートきれる映画なら良かったかもしれないけど・・・・うーーん・・・・
ラストのあれはなに!?みたいな。
レビューにはクラフトワーク(段ボールの世界)がいいって見ましたが、たしかに見事だけど・・・それが?って感じ。C級作品だと思います==;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。