セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年06月13日 (金)

劇場公開&DVD@6月前半

6月は、結構気になる作品が多いです^-^
ですので、前半/後半にわけてBlogを書こうかと思います。
リネは・・・なんかちょっと複雑(´ω`)

=== 劇場公開 ===
・ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
・僕の彼女はサイボーグ

== DVD ===
・ルイスと未来泥棒




ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

ナルニア国物語

ナルニア国物語

ナルニア国物語


[ストーリー]
白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており、平和で美しい魔法の国は暴君ミラースに支配されていた。荒れはてたナルニア国を目にした4兄妹は、この国の王位継承者であるカスピアン王子(ベン・バーンズ)と出会う。

[解説]
C・S・ルイスの児童文学を映画化した『ナルニア国物語』シリーズの第2章。ペベンシー4兄妹は、暴君ミラースからナルニア国を奪還するために、正当な王位継承者であるカスピアン王子とともに、再び冒険を繰り広げる。第1章のスタッフと主要キャストが再集結し、よりファンタジーあふれる映像世界を構築した。ペベンシー4兄妹の成長ぶりとともに、この第2章から登場するカスピアン王子を演じるイギリスの若手俳優ベン・バーンズにも注目。

[感想]
待望のナルニア国物語第二段。
やっぱり面白いです。面白いですが・・・期待し過ぎてちょっと肩透かしを食らった気分です。
アスランのあの行動は???んー・・・・
え??次回作では人数減るの@@;(ネタバレ)ナルニア卒業ですか?
うーーーん・・・・・イマイチ理解出来ずにいるワタシです;-;
シリーズ2作目ですので、やっぱり前作を見てないと面白みが半減すると思います。
小説ではまだまだ先がありますので次回作を楽しみにしておこう^-^




僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ


[ストーリー]
21歳の“僕”(小出恵介)を救うために未来の“僕”が現在の自分に送ったという最高にキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、感情を一切持たない“彼女”に思いが伝わらず、“僕”は一方的に別れを告げてしまう。しかしそれは、決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋”の始まりだった。

[解説]
未来から来たサイボーグと、彼女に惹(ひ)かれていく青年の奇妙な共同生活を描くファンタジックなラブストーリー。『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨンがメガホンを取り、大胆な彼女と控えめな彼氏の基本設定にSFファンタジーとアクション要素を絡めた恋物語を描き出す。ヒロインに『HERO』の綾瀬はるか、その相手役に『キサラギ』の小出恵介。サイボーグの衣装をまとい、初の本格アクションに挑む綾瀬の熱演に注目。

[感想]
けっこう良かった(かも)です。
青年役の小出君の台詞がなんとも・・・・('A`;)
あと深く考えると矛盾点が見えてきますがそこはヌルーするのがおすすめ^^
タイムスリップあり、サイボーグありでSFチックです。あと攻撃的な地震とか・・・
綾瀬はるかちゃんいいですね~



ルイスと未来泥棒

ルイスと未来泥棒

ルイスと未来泥棒


[ストーリー]
発明家を夢見る天才少年ルイスは幼いころに母と生き別れ、養護施設で育つ。彼は一目母親に会いたいという一心で、忘れてしまった記憶を呼び戻すマシーンの開発に熱中し、見事成功。科学フェアでの発表の当日、彼の前に未来からやって来たという少年ウィルバーが現れ冒険が始まる

[感想]
劇場公開されているときに見逃した作品です。
ちょっぴり心温まるストーリーです。
孤児だったルイスの未来の家族。その家族を危機にさらす悪者。
でもでも悪者にも過去があった・・・セツナス(けど逆ギレ?)
最後はパッピーエンドなのでよしよしですね^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。