セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月12日 (金)

劇場公開&DVD@12月その1

12月に見た劇場公開作品とDVDです。
今月も話題作がけっこうありますのですごく楽しみです^-^*

=== 劇場公開 ===
・デス・レース
・ICHI
・ディー・ウォーズ

== DVD ===
・ベティ・ペイジ
・燃えよ!ピンポン
・犬と私の10の約束
・うた魂
・クローバーフィールド/HAKAISHA
・最高の人生の見つけ方
・紀元前1万年




デス・レース

デスレース

デスレース

デスレース


[ストーリー]
孤島の刑務所で繰り広げられる過激な死のレース「デス・レース」を放映し、人気番組となっている近未来のアメリカ。殺人の濡れ衣を着せられたジャンセン(ジェイソン・ステイサム)は刑務所の所長ヘネシー(ジョアン・アレン)からレース出場を迫られ、美人ナビゲーターのケース(ナタリー・マルティネス)を乗せレースに参加する。

[解説]
脱獄不可能の刑務所で繰り広げられる、“死のレース”へ出場を決意する男の試練を描くアクション・ムービー。インディペンデント映画で有名な、ロジャー・コーマンが手掛けた1975年の『デス・レース2000年』を『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が現代的なアレンジでリメイク。主演は『トランスポーター』シリーズのジェイソン・ステイサム。流血とスピードと破壊が支配する壮絶なレースシーンに圧倒される

[感想]
RG12指定のこの作品。なんでもアリのカーバトルアクション映画です。
囚人を使い、生死をかけたカーレスを主催し番組放送として提供している視聴率至上主義の女署長のジョアン!まさに適役wあの憎ったらしとか見ててムキィィィとなるとこなど最高です^-^*
そして、囚人レーザー役にはあのトランスポーターシリーズで絶賛のジェイソン・ステイサム♪もうこの人なしではありないぐらいのハマリ役w生死を掛けたデスレースな為残酷描写もありますがそれも劇中の一部なのでOKです!
カーバトルシーンも多く、すごく楽しめました^-^* 迫力満点w
署長作のスペシャルトレーラーがあっけなく破壊されたトコには笑えましたw(ネタバレ)



ICHI

ICHI

ICHI

ICHI


[ストーリー]
三味線を背負い、人とかかわることを避けながら、一人で旅を続ける目の不自由な“離れ瞽女”の市(綾瀬はるか)。とある宿場町に流れ着いた彼女は、一風変わった浪人・藤平十馬(大沢たかお)と出会う。やがて二人は、若き2代目・虎次(窪塚洋介)率いる白河組と、万鬼(中村獅童)を首領とする万鬼党の争いに巻き込まれる

[解説]
日本を代表する時代劇のダークヒーロー座頭市を、目の不自由な芸者“離れ瞽女”のヒロインとして設定した意欲作。近寄る者を斬り捨てながら生きてきた孤高の女性、市の過酷な運命が展開する。監督は『ピンポン』の曽利文彦。ヒロインの市を『僕の彼女はサイボーグ』の綾瀬はるか、彼女と惹(ひ)かれあう侍・十馬を『築地魚河岸三代目』の大沢たかおが演じる。綾瀬はるかのアクション・ヒロインぶりと、映像クリエイターとして名高い曽利監督のビジュアル世界が見どころだ

[感想]
最近、綾瀬はるかさんが出ている映画をよく見ると思います。それだけ人気女優になっていってるって事なんですね^^
あとこの手の時代劇物には中村獅童さんもよく見ると思います、レッドクリフにも出てましたしねw
劇中ですが、逆手居あい切りを使う殺陣(たて)シーンはお見事w見ごたえがあったと思います。が!120分ある劇中ではもうちょっと多くてもよかったかなって思います。(というか、もっと見たかった^^;)
盲目で過去にいろいろあり心を閉ざした瞽女(ごぜ)の市。人との関わりを避け父親代わりに思っていた盲目の剣の達人を探す旅に出る。旅の途中十馬と出会い、触れ合う、死による別れを得て閉ざした心を解放する感動作?
正直、上のデス・レースを見た後に続けて見ただけにすごく物足りなかったです><




ディー・ウォーズ

Dウォーズ

Dウォーズ

Dウォーズ


[ストーリー]
ロサンゼルスにドラゴンのようなクリーチャーが突如現れ、街中を破壊し尽くしていた。現場を取材していたリポーターのイーサン(ジェイソン・ベア)は、この惨事が少年時代に聞いた500年前の伝説と関係するのではないかと思い出す。そして自分が、世界を救う宿命を負った女性を守る戦士と何かしらのかかわりがあると気付いた彼は、その女性を捜し始める

[解説]
アジアに古くから伝わる竜の伝説を背景に、ある強大なパワーを求めて現代のロサンゼルスに現れたクリーチャーと、人類の攻防を描いたSFパニック・アクション。世界を救う宿命を負い、500年のときを経て現代に生まれ変わった男女を、『THE JUON/呪怨』のジェイソン・ベア、『フライトプラン』のアマンダ・ブルックスが熱演。『トランスフォーマー』『スパイダーマン』を手掛けたスタッフによる、最新のCG技術を駆使した大規模な戦闘シーンが見もの

[感想]
レビューなどを見てますと悪評の多いこの作品。
正直、よくわからずに見にいきました^^;劇場でブラインドネスかこれか同時刻だったので迷いましたがこちらを見る事にしました。
ディー・ウォーズ・・・・どういう意味なんだろうって悩んでましたが上映開始1分は悩みは解決w
タイトルがスクリーンに映し出され、その下にサブタイトルで『ドラゴン・ウォーズ』と書かれてました(笑)
話の内容はすっごくB級全開ですw解説部分など聞いててダルくなります^^;
しかし、私的には軍隊VSモンスター軍団とか竜VS蛇のシーンなど迫力があり楽しめたと思います。
この辺りで楽しめる人とそうでない人とで評価が別れると思います。
今までのモンスターパニック映画の中では面白い部類に入ると思うんだけどなぁ^^;



DVDは続きを読むからどうぞ


DVDです。



ベティ・ペイジ

ベティ・ペイジ

ベティ・ペイジ


[ストーリー]
ベティ・ペイジは大恐慌只中に、ナッシュビルの貧しい家庭で少女時代を送る。敬虔な母親の下、厳しく育てられたベティ。やがて、彼女は目指していた大学進学を断念すると、地元の男性ビリー・ニールと若くして結婚する。しかし、ビリーとの結婚生活はほどなく破局を迎え、ベティは心機一転、ニューヨークへと旅立つ。そして、マンハッタンでの新生活をスタートさせて間もなく、コニーアイランドのビーチを散歩中の彼女は、警官でカメラマンのジェリーと出会い、彼に写真を撮ってもらう。こうして彼女は、本人も気づかぬうちに、その輝かしいキャリアの第一歩を踏み出すことになるのだが・・・

[感想]
ちょっぴりセクシーでアダルティーな作品です^^;
白黒映画調です。まだ性に対して消極的だった50年代のアメリカで、ピンナップ(今でいうとこのエッチ本?)モデルとして一躍有名に。厳しい家庭で育てられその反動?で新しい事に挑戦し、さまざま葛藤を乗り越えていくヒューマンドラマです。
まぁしかし、いまいち良くわかりません^^;91分の作品だけどダラダラ感があります。最後の終わり方も良くわからないしw



燃えよ!ピンポン

燃えよ!ピンポン

燃えよ!ピンポン


[ストーリー]
かつて、弱冠12歳でオリンピックに出場しながら、ぶざまな負けで恥をかいた天才卓球少年ランディ。月日は流れ、いまやぶよぶよに肥った中年オヤジに成り果てた彼を、ある日FBIがリクルートする。彼に与えられたミッションは、FBIが最もマークする極悪人フェンが闇で開催する卓球デスマッチの世界大会に潜入し、フェンの尻尾を掴むこと。フェンが亡き父の仇と知ったランディは、復讐と失われた自らの名誉のためこれを受ける。しかし、彼の腕はすっかり錆び付いていた。そこでFBIは、彼を盲目の卓球名人ワンとそのセクシーな姪マギーの下に弟子入りさせるが

[感想]
B級おバカ映画ですwどこまでおバカになれるかw
苦笑は漏れるけど大笑いは取れないwそんな映画でもついつい見てしまう^^
この手の作品での「アリエナイ」感は若干低いです。少し前にみた、カンフー君と比べると・・・微妙w
気になる方は見て、苦笑してください。



犬と私の10の約束

犬と私の10の約束

犬と私の10の約束


[ストーリー]
北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかり。ある日、彼女の家に一匹の子犬がやってきた。あかりは、前足の片方だけが靴下をはいたように白いそのゴールデンレトリバーを“ソックス”と名付ける。体調を崩して入院していた母は、そんなあかりに、犬を飼う時には、犬と“10の約束”をしなければならないと教えてくれた。やがて、大人へと成長していくあかりに次々と試練がやってくる。そんな時、ソックスがいつもそばにいて、あかりを励ましてくれるのだった

[感想]
まぁ予想通り泣きます!泣かせます!!いえ泣かせて貰いました!!!
そっくすぅぅぅう!!!!・゜゜・(/□\*)・゜゜・
わんこ大好きには堪らないんじゃないでしょうかwあとなっちゃんもかわいい^^
大好きだった母親から教わった犬を飼うときの10の約束。大きくなるうちに忘れしまっていた大切な事。
家族にために大学病院(エリートコース)を辞めた父親、さらっと流れましたがとても重大な決断だと思います。
生きていくには仕事をしなくてはいけません、決断をする時に何に重点を置くかとても大事だなと思いました。
あと、劇中いくつも微笑ましい後景がありますのでとても穏やかな気持ちで見ていられました。
劇場公開中に見に行けなかったので見れてとても満足です^-^*



うた魂

うた魂

うた魂


[ストーリー]
北海道のとある町。七浜高校合唱部のソプラノパートリーダー、荻野かすみは、自己中心的で自意識過剰な女の子。自分の歌声とルックスに自信満々の彼女は、イケメン生徒会長から写真のモデルを頼まれ有頂天に。ところが、意気揚々と歌っている瞬間の顔を“産卵中のシャケみたい”と評され、あえなく自信喪失、退部を決意する。ラストステージのつもりで参加した夏祭りの合唱祭でも、ただ一人下を向いてやる気ゼロのかすみ。そんな時、番長の権藤洋が率いる湯の川学院高校のヤンキー合唱団の魂のこもった熱い歌声を聞き心動かされたかすみは、忘れかけていた歌への情熱を取り戻していく。

[感想]
歌です^^、合唱です♪
他の音楽映画とはちょっと色が違う気がしますが、けっこう面白かったです。
ガレッジセールのゴリさんがとても笑えるw「合唱なめてんじゃねーぞ!」イイネ・w・
それに合掌コンクールで尾崎豊の歌を歌うのが疑問だけどそこがなんともw
あと、ヒロイン役の夏帆ちゃんのイキっぷりも面白いね^^
予想以上に良かったので満足です。
感動物って思われがちですが(たぶん、青春感動ムービーなんでしょうw)私はコメディだと思いました(笑)



クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールド

クローバーフィールド


[ストーリー]
ニューヨーク、マンハッタン。ある夜、仕事で管理職への就任が決まり日本へ栄転となったロブを祝うため、アパートの一室で送別パーティーが開かれていた。ところがそのさなか、外で突然爆音が響き渡る。ロブたちが屋上へ出てみると、街の一部で爆発炎上している凄惨な光景が広がっていた。さらに、間もなくその惨禍は彼らにも及び、一瞬にして街一帯がパニック状態となる。そして、人々はこの事態を引き起こした元凶でおよそ地球上には存在し得ない巨大な怪物を目の当たりにするのだった

[感想]
未知なる侵略者?によって突如襲撃され蹂躙されていく様を描いたパニックムービー。
ある意味怪獣モノです^^;
全体の感じはなんとなく『ブレアウィッチの謎』に近いものを感じました。
そして誰も助からないとこがある意味新鮮、あの怪物はどうなったんでしょうか?ニューヨークの街は??
幸せ絶頂のビデオテープに上書きされた惨劇の映像。
意味はわかりませんがテンポは悪くないです、面白いか?と聞かれるとちょっと疑問。
でもこういうにもアリだと思います。



最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方


[ストーリー]
家族を愛するまじめで心優しい自動車整備士のカーターと、一代で莫大な富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード。そんな対照的な初老の男2人は、ひょんなことから同じ病室に入院、揃って余命6ヵ月の宣告を受けてしまう。そんな時、カーターはかつて恩師から教わった死ぬまでに叶えたいリスト“バケット(棺桶)リスト”を書き出してみるのだった。それを見たエドワードはこのアイデアを気に入り、バケットリストを実行しようと、2人で病院を抜け出し人生最後の旅に出るのだが

[感想]
残りの人生半年、長く保って1年。そう死の宣告をされた時に自分はどうするだろう。
やり残した事は?やりたい事は?少し前に劇場公開でみました『イキガミ』と似ていますね。
生きているうち(生きていくには)お金は大事です、というか必要です。
けど、死を直面した時にお金じゃなく人との繋がりが大事なんだと思います。
しかし、ラストバカンス?豪華過ぎますwwww二大俳優のコンビネーションは最高!
私に一生のうちに1回はスカイダイビングをしてみたいw(高いとこ苦手だけど^^;)
カーターの夢だった名車を貸切サーキットで乗り回すトコもいいですねw
あと「世界一の美女にキスをする」、エドワードがキスをした相手がまたキュート!
きっと眼の中に入れても痛くない存在ですよね?w
このシーンと最後の山頂の絶景にふたつ並んだコーヒー豆の缶。
ああ~いいなぁ(*´ー`) って思いました。
ちょっぴり優しくなれる映画です。おすすめ!



紀元前1万年

紀元前1万年

紀元前1万年


[ストーリー]
人類とマンモスとが共存する紀元前1万年の世界。狩猟部族のデレーは若きリーダーへと成長し、幼い頃から想いを寄せていた美しいエバレットもついに射止める。そんなある時、彼の村が正体不明の一味による急襲に遭い、多くの村人に加えてエバレットまでもさらわれてしまう。そこでデレーは彼女たちを救うため、仲間と共に一味の跡を追うことに。そして彼らは、獰猛な野獣との死闘など過酷な道程を経て、ある広大な文明の地へ辿り着く。そこは巨大なピラミッドがそびえ立ち、何万もの人々が奴隷として休むことなく働き、“大神(おおかみ)”と呼ばれる絶大な権力者によって完全に支配されていた

[感想]
けっこう面白く見れました。
サーベルタイガーとかマンモスとか出てきます。劇場公開中の前宣ではサーベルタイガーと絡むシーンがあるのかと連想しましたが実際はほんの一部でした^^;
重要なシーンなんだと思いますけどもうちょっと絡んでも良かったんでは?と思う。
部族の為に人知れず村を出た父、それを親友にだけ明し息子を託す。何も知らない息子は屈辱に耐えながら幼少期を過ごし、臆病ながらも成長していく。
誘拐された妻を取り戻す為旅立ち、他の多くの部族の協力を得て英雄になる。
話の展開は王道ですが、それなりに展開も早く飽きずに見れました。
ヒロイン役の子がすごくキレイです^-^*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。