セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月09日 (金)

劇場公開&DVD@1月その1

年が変わりまして2009年になりました。
今年もたくさんの映画を見ていきたいと思います^-^*

で、ふと昨年(2008年)はどれだけ映画を見たのか気になり集計をしてみました。

●劇場で観た作品数=44本
◆DVDで観た作品数=132本(内15本は地獄少女でした)

うーーん・・・我ながらよく見たもんだ^-^;

そしてさらに今年も・・・・年始1本目が同じとはwww
(2008年度、1本目=劇場版 BLEACH ブリーチ The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸)


以下が年始に観ました作品です。

=== 劇場公開 ===
・劇場版 BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ
・K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

== DVD ===
・チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
・相棒-劇場版-絶対絶命!42,195km
・NEXT-ネクスト
・シューテム・アップ
・噂のアゲメンに恋をした
・ブラック・サイト
・ハムナプトラ3
・花より男子-ファイナル
・THE・有頂天ホテル



劇場版 BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ

ブリーチ

ブリーチ

ブリーチ


[ストーリー]
尸魂界(ソウル・ソサエティ)の中心、瀞霊廷が霊子爆発を起こして崩れ落ちた。知らせを聞いた一護は尸魂界に向かうが、恋次ら護廷十三隊の面々は一護とルキアの記憶を失っていた。恋次たちに追われる身となった一護。追っ手から逃げ、必死でルキアを探し出そうとする

[解説]
尸魂界(ソウル・ソサエティ)を舞台に、死神の力を持つ人間の高校生・黒崎一護の孤立無縁の闘いを描くバトルアクションアニメ。「週刊少年ジャンプ」で2001年より連載中でテレビアニメ化もされている、久保帯人原作の同名人気漫画の劇場版第3弾。これまでの『劇場版 BLEACH』シリーズと同じく、監督は阿部記之。一護VS.護廷十三隊で繰り広げられる、これまで以上に険しくスケールの大きい戦闘シーンが描かれる。ルキアをめぐる切ないストーリーからも目を離せない。

[感想]
他レビューなどを見ると大絶賛の劇場版ブリーチ。
週刊誌で読む程度ですのでそれほど思い入れがあるわけでもなく、Fanでもない^^;
2009年度1作目に見た作品なんですが、たしかに良かったです。
しかし・・・すいません。。。期待し過ぎました(汗
そのせいか「え!?もう終わり??」な状況になってしまいました;-;
見どころは、各隊長の必殺技?のオンパレードであったり、スピード感のある格闘シーンですかね。
一緒にみた相方さんは楽しめたと言っていました;;
期待や先入観を持って映画を見てはいけませんね><



K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

K-20

K-20

K-20


[ストーリー]
極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける

[解説]
江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション・エンターテインメント。北村想の「完全版 怪人二十面相・伝」を原案に、「アンフェア」などを手掛けた佐藤嗣麻子監督が現代風のアレンジで映像化した。主人公を『レッドクリフ Part I』の金城武が好演するほか、ヒロインを松たか子、明智小五郎を仲村トオルが熱演。 『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフによるノスタルジックな映像美も見もの。

[感想]
邦画ながら久々に見たいと思う作品に出会いました。
そして、見た感想は「 面白い!! 」です^-^*
20面相になる為の特訓シーンが自分の中でお気に入りです♪
松たか子の演技はどうかと思いますが、全体を通してみればOKですw
そして怪人20面相の意外?な正体。ラストはなんとなくバットマンを連想してしまいました(笑
この作品はお勧めですw




DVDは続きを見る からどうぞ


DVDです。
お正月休みの間、1日にDVDを4本とか見てしまいました^^;



チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォ

チャーリー・ウィルソンズ・ウォ


[ストーリー]
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。それでも、根は優しく持ち前の大らかな人柄で、周囲の人々からは愛される存在だった。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアンから、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。政治にまるで興味のない政治家、チャーリーだったが、アフガンの実情に心を痛め、一肌脱ぐ決意を固める。さっそく、大国ソ連を相手に二の足を踏む政府を横目に、CIAのはみ出し者、ガストの協力を得ながら前代未聞の極秘作戦を開始するチャーリーだったが

[感想]
お気楽議員が、美人セレブに出会いなんの権限もないのに紛争を終結に導き四苦八苦してる様を想像していたのですがちょっと違いました。
ですが、内容として面白かった^^
国家予算の提案?権を持つチャーリーは、お人好しだけどしたたか。そんな印象だった。
絶大な戦力を維持し猛攻をしてくるソ連軍に対し、アフガン軍はライフル銃で応戦。虐殺状態の現状を成り行きで現地視察をする羽目になったチャーリー、アフガンの現状は悲惨そのもの;;
国家予算のアフガンに対する支援金が当初100万$だったのが、チャーリーマジック?で数億$にwこのあたりのくだりが最高でした。
感動作ではないけど、楽しめる作品だと思います。



相棒-劇場版-絶対絶命!42,195km

相棒

相棒


[ストーリー]
不可解な殺人事件が連続して発生し、杉下右京と亀山薫は、現場に残された謎の記号から一連の事件が同一犯による連続殺人事件であることを突き止める。やがて、捜査一課が手詰まりになる中、右京と薫はわずかな手がかりから犯人の次なるターゲットを割り出すことに成功する。しかしそれは、3万人のランナーと15万人の観衆を人質に取るという前代未聞の大規模テロ計画だった

[感想]
人気ドラマの劇場版です。相方さんが大FAN?だったので借りてみました。
ドラマ自体あまり見ない人なのですが、相棒は何回か見たことがあります。普通に面白いですww
今回の作品は劇場版なので長時間ですが、展開も早くまた山場?見せ場?も随所にありイイですね。
国家の隠ぺいを暴く事が出来ませんでんでしたが、起こした行動は無駄ではなかった?と思いました。まぁしかし・・・行動自体にも問題はありますがね^^;
きっと泣かせ場だろうポイントでは、感情移入が出来ず淡々と見てしまいました。
FAN必見な作品だと思います、FANでなくても楽しめます^^



NEXT-ネクスト

NEXT -ネクスト

NEXT -ネクスト


[ストーリー]
ラスベガスの二流マジシャンとして生きるクリス・ジョンソン。実は、彼は自分の周囲だけだが2分先の未来を予知できる能力を持っており、その秘密を誰にも悟られないよう目立たず日々をやり過ごしていた。そんなある時、クリスの前に女性FBI捜査官のカリーが現われる。彼女らFBIは、核兵器を持つテロリストがロサンゼルスを爆破する計画を企てているという情報を掴んだことから、予知能力を持つクリスへ捜査協力の依頼に来たのだった。しかし、面倒な他人事に巻き込まれたくないと要請を断るクリス。一方、時折彼の頭によぎっていた美しい女性リズとの出会いを果たし、ほどなく惹かれ合うのだが…。

[感想]
私の好きな俳優さんのひとり、ニコラス・ケイジが主演の作品です。
2分先の未来が見える能力、2分ってみじか!って思うけど映画を見てる限りではうまく使いこなせてるなぁって思いました^-^ アクションシーンやFBIに協力しての銃撃戦なんかも面白いw
で!いよいよクライマックス!! 核兵器の爆破を阻止!!!!が。。。。。ええええええ!!
ちょ!そのラストありなんですか?^^;
ん・・・・終わりよければ という言葉がありますが、そのラストはちょっと==;
それまではかなり楽しめたのに残念です。気になる方は見て下さいw



シューテム・アップ

シューテムアップ

シューテムアップ


[ストーリー]
冬のニューヨーク。黒のロングコートに身を包むスミスは、ひょんなことからヤクザに追われる妊婦を助けるハメに。恐妻家のボス、ハーツが送り込む刺客が次々と現われる中、拾い上げた銃で応戦するスミス。ところが妊婦はショックで産気づくや、赤ん坊を産み落としてすぐ流れ弾に当たってあっけなく絶命。やむを得ず赤ん坊を拾い上げたスミスは、なおも執拗に迫る追っ手をかわして昔なじみの娼婦ドンナのもとへ。しかし赤ん坊の命に執念を燃やすハーツは、スミスの居場所を難なく突き止めると、50人の部下を従え襲撃へと向かう

[感想]
使った銃弾2万5千発!そのキャッチフレーズに惹かれて借りてみました。
ちょっぴりB級映画っぽい臭いがしますが、まぁそこそこって感じです。
アクションシーンは、たしかにすごい?と思いますw銃撃戦シーンも2万5千発使ってるらしく多めです。
ただ。。。車で引かれた赤ん坊(ぬいぐるみ:ネタバレ)はうぇ;;ってなりました。
描写もグロ系で、肉が飛び散りますのでR15指定でしょうか?
でも、ちょっとぴりおバカ系な雰囲気のある映画です^^



噂のアゲメンに恋をした

噂のアゲメン

噂のアゲメン


[ストーリー]
歯科医として成功を収めているチャーリーだったが、私生活では理想の女性に巡り会えず満たされない日々。子どもの頃にゴスロリ少女にかけられた呪いのことが気になり始めるチャーリー。いつの間にか、元カノたちが自分と別れた直後に幸せを掴むという妙なジンクスまで出来ていた。やがて噂が広まり、幸せを求める女性がチャーリーと一夜を共にしようと行列をつくるまでに。しかし、誰も自分目当てでないことにむなしさを感じ始めたとき、彼はキャムという天然キャラの美女と出会い、彼女こそ運命の女性と確信するのだったが。。

[感想]
私の好きな女優さんのひとり、ジェシカ・アルバ主演の作品です。
かなりドジでおっちょこちょい役のジェシカがとってもキュートです^-^*
しかしこの作品、恋愛コメディ映画(?)なのになぜかR15指定・・・・なぜ???って感じでした。
が見るとわかりますが話の内容から、歯科医のチャーリーはラッキーチャームであるという都市伝説に、結婚願望がある女性が群がります。ラッキーチャームとは、彼と一夜を供にした女性は、次に運命の相手(結婚相手)と巡り合えるというモノ
親友?の勧めから人助けだと言われ、言い寄ってくる女性とのえっち三昧が出てきます。
この辺がR15なんでしょうね^^;(性的描写)
中には、結婚する事に必至になりエゴ剥き出しの女性からえっちが済んだんだからとっとと帰れと言われる始末・・・あまりにも酷い><。
そんな時に、天然女のチャムに逢い恋に落ちるが彼女とえっちしたら自分はフラれて次の相手と結婚してしまう??ドタバタ恋愛コメディなこの作品。
私は結構好きになりました^^ 面白いですw
ラストに出てくる親友の彼女の胸はありえないです=o=;



ブラック・サイト

ブラックサイト

ブラックサイト


[ストーリー]
警官だった夫亡き後、母親と幼い愛娘と共に暮らすFBI特別捜査官ジェニファー。サイバー犯罪が専門の彼女は、インターネット上にはびこるあらゆる犯罪を取り締まっていた。そんなある日、“killwithme.com”という不審なサイトの情報が入る。それは身動きのとれない動物が衰弱していくさまをライブ中継したもので、しかも主謀者を突き止められないよう巧みに操作されていた。やがて今度は、縛り付けられ薬物を投与されている男が映し出される。しかも、アクセス数が増えるごとに薬物の投与量も増やされる仕掛けが施されていた。そしてジェニファーらの捜査も虚しく、男はアクセス増加によって命を落としてしまう。なおも犯行が続く一方で捜査が行き詰まる中、ジェニファーは驚愕の映像を目の当たりにする

[感想]
ある事件がきっかけに始まった殺人ライブ中継サイト。
ネット犯罪が増加する現代、異常な殺人事件なんかもニュースで出たりします。
こういうサイトもフィクションだけど、実際にありそうでまたそこが怖い。
誰もアクセスしなければ、ライブ中継されている人は死なない。けど、アクセス数が増えると・・・・
見る側は興味本位でアクセスしてしまい、それがリアルなのかフィクションなのか分からない。背筋がぞっとする思いです。
怖いけど、面白い。そんな作品です



ハムナプトラ3

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝


[ストーリー]
古代中国。自然界を操る魔力を持った皇帝は、呪術師の娘ツイ・ユアンに不死の魔術を発見させるが、皇帝に愛する人を殺された彼女は皇帝と臣下全員を呪いにかけ、陶器にしてしまうのだった。それから約2000年後の1946年、ロンドンで幸せに暮らすリックとエヴリンのオコーネル夫妻は、持ち主を不死の泉へ導くとされるブルー・ダイヤ“シャングリラの眼”を上海の博物館へ戻しに行く、という任務を外務省から託される。すると現地には、ハーバード大学に留学しているはずの息子アレックスがいた。実は彼は、2000年前の皇帝陵を発掘する大偉業を成し遂げていたのだった。しかし、一家がその皇帝のミイラを見に博物館を訪れると、中国を世界最強の国にしようと手を組んだ館長とヤン将軍が“シャングリラの眼”を奪い取り、皇帝を生き返らせてしまう

[感想]
シリーズも3作目になりましたハムナプトラ。
1作目を見た時はここまで続くとは思ってなかったwww
ですが、この3も面白いです。面白いんだけどシリーズ3作目。それなりの期待などがやっぱり出てきちゃいます^^;
その期待を背負っても面白く仕上がってると思います、が!期待した以上ではなかった;;(どんだけ期待してんだョというツッコミが入りそうw)
笑い、アクション、アドベンチャー!時間が経つのも忘れてしまいますw
そんなわけであまり期待せずにぜひ見てください。スケールも大きく面白いですから♪




花より男子-ファイナル

花男

花男


[ストーリー]
貧乏なのに超セレブばかりが集う名門高校・英徳学園に通い、肩身の狭い思いをしていた牧野つくし。そんな彼女は学園を牛耳る御曹子4人組、通称“F4”と出会い、紆余曲折の末にリーダーの道明寺司と恋仲に。そして、つくしの高校卒業のプロムでは、ついに司から感動的なプロポーズが。それから4年。司は、つくしと来年春に結婚することを全世界に向けて発表、一躍お茶の間の注目の的となったつくし。かつての天敵、司の母・楓からも、代々受け継がれてきた推定100億円のティアラを贈られ、司の花嫁として正式に認められた。ところがその夜、大事なティアラが何者かに盗まれてしまう。このままでは2人の結婚にも赤信号が。つくしと司は盗まれたティアラの行方を追って、世界中を駆け巡るのだったが

[感想]
人気コミックの実写化なわけですが、前作を見てないので前作からの続きの部分的な事がわかりませんでした;-;
コミックの方も特に読んでないので原作は知りませんでしたが、これはこれで楽しめました。
しかし、ティアラ盗ませた(というより企画、お願いした)のがつくしの○○だったのが意外でした。
あと、何回盗まれるんだよwっていうぐらい盗られます(笑)




THE・有頂天ホテル

有頂天ホテル

有頂天ホテル


[ストーリー]
都内の高級ホテル“ホテルアバンティ”。新年のカウントダウンパーティーまであと2時間あまり。その成否はホテルの威信に関わり、これを無事終えることが副支配人の新堂平吉に課せられた責務。ところが、そんな新堂をあざ笑うかのように、思いも掛けないトラブルが次々と発生する。刻一刻と新年のカウントダウンが迫る中、従業員と“訳あり”宿泊たちを襲う数々のハプニング。はたして彼らは無事に新年を迎えることができるのか?

[感想]
昨年からずーーーと見ようって思い。これはお正月に見るのがいいよって聞いてましたのでかなりながーーーーーーい間温めてきましたw
ようやく年始になり見たわけですが良かったです。
レビューなんかでは、同じ脚本家の三谷幸喜作のマジックアワーと比較されているのが載っていますがマジックアワーは昨年劇場公開したものです。この有頂天ホテルは2005年作です。
ですが、マジックアワーよりもこっちの有頂天ホテルのが評価が高かったりします。
私も、こっちの有頂天ホテルの方が構成といいテンポといい面白いと思います^^
お正月早々から笑わせて頂きました♪
しかし。マジックアワーといいこの有頂天ホテルといい俳優陣は同じような顔ぶれです、三谷幸喜お気に入りなんでしょうかね^^
この有頂天ホテルは3作目の脚本らしいです。前作に『ラヂオの時間』『みんなのいえ』があるようですので機会があれば見てみたいと思います。
最後に、個人的にホテルの総支配人役の伊東四朗さんが一番つぼにハマりましたwww

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。