セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月20日 (月)

劇場公開&DVD@4月前半

4月の前半に鑑賞した作品です。

=== 劇場公開 ===
・ベッドタイム・ストーリー
・アンダーワールド:ビギンズ
・レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

== DVD ===
・クローズZERO
・お姉チャンバラ THE MOVIE
・シンデレラ・ストーリー
・百万円と苦虫女




ベッドタイム・ストーリー

ベットタイムストーリー

ベットタイムストーリー

ベットタイムストーリー


[ストーリー]
スキーター(アダム・サンドラー)はパッとしない中年の独身男。甥(おい)と姪(めい)にせがまれて、ベッドタイム・ストーリーを話してあげると、彼らはスキーターの作り話の続きを勝手に創り上げてしまった。翌日、彼らが語った一場面が、何とスキーターの目の前で現実となっていく・・・

[解説]
子どもを安らかに眠らせるために語り聞かせる“ベッドタイム・ストーリー”が、現実の世界で実際に起きてしまうというファンタジー・アドベンチャー。『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマンがメガホンを取り、『再会の街で』のアダム・サンドラーが主演。そのほかにも、ケリー・ラッセル、ガイ・ピアースら実力派俳優が名を連ねる。現実に起こるはずもないことを語る子どもたちの発想に驚かされる。

[感想]
バグジーかわいいw
劇場には小さい子供がたくさんいました。大人も子供も楽しめる作品だと思います。
全体的な雰囲気はナイトミュージアムに似ています。
とってもファンタジーです、でも実は現実的な部分はしっかりあって楽しく、可笑しく、良かったです。
内容はホント小さい子供が見て楽しめるぐらい簡単(?)です。
見ると想像力が豊かになり、信じる事(思い込む事?)、努力する事で夢が叶うって気がします。
こういう作品は大好きです^-^*



・アンダーワールド:ビギンズ

アンダーワールド

アンダーワールド

アンダーワールド


[ストーリー]
遥か1000年以上も昔、不老不死の祖コルヴィナスの双子の兄弟マーカスとウィリアムによって、それぞれヴァンパイア族と狼男族が誕生する。以来、知力や体力、政治力で勝るヴァンパイア族が狼男族を支配し、数百年に渡って互いの均衡を保っていた。だがやがて、狼男族のひとり、ルシアン(マイケル・シーン)の誕生がこれまでの主従関係に変化をもたらしていく。彼は人間から獣、獣から人間へと自在に姿を変える新たな種族“ライカン”。ヴァンパイア族の長老ビクター(ビル・ナイ)は、その新たな脅威に警戒しながら、ライカンたちを奴隷として冷遇し続ける。そんな中、ビクターの愛娘で女戦士のソーニャ(ローナ・ミトラ)と密かに愛し合うルシアン。ところが、この禁断の関係がヴァンパイアとライカンの終わりなき血闘の発端となってしまう…

[解説]
闇の世界の女処刑人が活躍する人気ゴシック・アクション『アンダーワールド』シリーズ最新作。今作では主人公セリーンがなぜ厳しい戦いの中に身を置くことになったのかという物語の起源に迫る。運命に翻弄(ほんろう)される女性戦士を演じるのは『ナンバー23』のローナ・ミトラ。監督は、本シリーズのクリーチャー・デザインを手掛けてきたパトリック・タトポロスが務める。宿命に引き裂かれた過去と現代の女性二人の生き様に胸が詰まる。

[感想]
シリーズ3作目ですが、ビギンズです。
話の流れは3>1>2でしょうか? 戦う運命が決定された(始まった)理由が今回の作品で明かされています。シリーズを見てれば結末はわかります。
アクションシーンも良かったですし、ライカンの変身シーンもなんかすごかったです。
今回はヴァンパイア=悪なイメージですが、シリーズを通してみるとまた違った感じになると思います。機会があればもう一度1と2を見てみたいと思います^^
ヴァンパイアとライカンの愛。そしてその結晶。。。。二人の愛が受け入れられてたらまた違う歴史があったんでしょうね。




レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

レッドクリフ2

レッドクリフ2

レッドクリフ2


[ストーリー]
西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。

[解説]
アジア映画としては歴代最高の大ヒットを記録した、『レッドクリフ Part I』の続編となる歴史スペクタクル。『レッドクリフ Part I』から連なる赤壁の戦いもクライマックスに突入し、孫権軍と劉備軍との連合軍が曹操の大軍に立ち向かう様をダイナミックに描く。監督やキャストは『レッドクリフ Part I』と同じく、ジョン・ウーにトニー・レオン、金城武などのアジアの大スターたち。85万人にのぼる両軍兵士たちのアクションはもちろんのこと、偉大な英雄たちが繰り広げる感動的なドラマを楽しみたい。

[感想]
Ⅰも見たのでⅡもという流れで観ました。まぁⅠも面白かったし^^
Ⅱを見た感想ですが、やっぱりは戦闘シーンは迫力があります。いい意味でも悪い意味でも・・・
超飛のおじちゃん・・・・ヤ・・・ヤられちゃの?と思いましたが丈夫でちょっと笑えましたw
内容的には歴史を詳しい人なら当然結末も知っているでしょうし、あまり詳しくない人でも予想は出来ます。ある意味王道です=w=
結果は見えていてもその間の過程を十分楽しむ事が出来ます。
しかし・・・周瑜は前線で戦うけど、孔明は赤壁で成り行きを見守ってるんですね><
共に軍師だけど、その辺もキャラの設定なんですかね。
ラストは、ちょっと意外ですw
え!?そんな終わり方??? みたいな(笑)
ぜひ劇場で確かめてください^-^*




DVDは続きからどうぞ


DVDです。



クローズZERO

クローズZERO

クローズZERO


[ストーリー]
最凶・最悪の不良学生たちの巣窟、鈴蘭男子高等学校。幾多の派閥が勢力争いを繰り返し、いまだかつて鈴蘭を制覇・統一した者はいなかった。現在も、芹沢多摩雄率いる最大派閥の“芹沢軍団”を軸に、群雄割拠の状況が続いていた。そんな鈴蘭にやって来た3年の転入生、滝谷源治は、本気で学園の制覇を狙っていた。一匹狼を貫く源治だったが、ふとしたことから鈴蘭OBのチンピラ、片桐拳と出会い、次第に友情を深めていく。やがて拳は、自分が果たせなかった鈴蘭制覇の夢を源治に託すようになるのだが…。

[感想]
続編?2が劇場で公開されますので、少し気になり1を見てみました。
1を見て面白ければ2も見ます。(きっとDVDでw)
原作は高橋ヒロシ作のコミック『クローズ』みたいです、最初クローズって何だろう?閉まる方のクローズ?は?と思ってましたが、劇中にも出てきますが鴉(カラス)の意味なんですね。
感想は痛そう・・・^^;
内容は友情あり~ので結構面白かったです。なんていうか戦う事で分かり合える?みたいな感じなんでしょう。
しかし、片桐拳役ですがたしかにヘタレ具合はすごく出てます、出てますけど・・・なんというか・・・白々しいというか、演技が空回りしてる感じがしました。
総体的には、DVDで十分だと思いました。



お姉チャンバラ THE MOVIE

お姉チャンバラ

お姉チャンバラ


[ストーリー]
戦乱の世。街には謎の科学者・杉田が作ったゾンビが溢れかえり、最強のお姉チャン・彩は、杉田を倒すため、立ちはだかるゾンビたちを次々と斬り殺していく。そんな彼女の前に現われたのは、最強の女子高生・咲。彼女は腹違いの姉・彩に恨みを抱き、彼女の殺害を企てていた。

[感想]
偶然、レンタル店の棚で見つけてしまいました・・・
な・・・なんだコレ?みたいな事で半額Dayでしたので借りてみました(笑)
設定がよくわかりません、ビキニ姿のお姉ちゃんが、刀振り回してゾンビ軍団を倒していくというものです。
もうB級全開です。
B級映画をB級映画として見る分には、けっこう許せますwなにも期待していませんし^^;
原作はTVゲーム?みたいで、その実写化らしいです。バイオハザードみたいなもんですかね。
CGを使ったアクションシーンは「ふーん(・。・*」な感じです。
息抜き程度に見たい方はどうぞ、中身を期待してはいけませんw
ある意味タイトル通りの印象の映画です。



シンデレラ・ストーリー

シンデレラ

シンデレラ


[ストーリー]
LAの高校に通うサム・モンゴメリーは、父の死後、その財産を受け継いだ継母と二人の義姉に奴隷のようにこき使われている身分。学校にも友人はおらず、そんなサムの心を埋めてくれるのはEメールで出会った理想の王子様。そしてサムは、ハロウィン・パーティーで仮面をつけて彼と踊ることに。しかし、その王子様の正体が同じ学校の花形フットボール選手オースティンだと判明。時計が午前0時を打つ前に急いで姿を消してしまうサムだが……。

[感想]
前回、シンデレラストーリー2を見て、面白かったので1も借りてみました。
1の主演は、ヒラリー・ダフです。
内容は2も同様、まさにシンデレラ、基本構成は1も2も同じです。
青春ラブストーリー、安心してみれるほんわか系の映画でよかったです。
ヒラリー・ダフ主演の映画では、私は『ハードオブミュージック』が大好きです^^
毎回思いますが、ヒラリーってちょっとぽっちゃりでチャーミングですよね。
1も2もお勧めです。



百万円と苦虫女

百万円と苦虫女

百万円と苦虫女


[ストーリー]
短大を卒業したものの、就職できずにアルバイト生活を送る21歳の女性、佐藤鈴子。ひょんなことから警察沙汰の面倒を起こしてしまい、実家に居づらくなった彼女は、家族の前で“百万円貯まったら出て行きます”と宣言、以来バイトを掛け持ちして懸命に働く日々が続く。そして百万円が貯まると、宣言通り実家を後にして、誰も知らない土地へと旅立つ鈴子だったが…。

[感想]
蒼井優さん主演の映画です。
劇場公開時に見に行きたくて行けなかった作品です。
とても感動します、がんばれ!って応援したくなります。
自分の弱さを痛感し、少しずつ少しずつ克服し強くなっていく姿を描いたもの。
邦画はあまり見ませんが、女優さんの中ではこの蒼井優さんは大好きです。
ぜひ、機会があれば見てください。
とても良かったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。