セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月10日 (木)

劇場公開&DVD@9月その1

8月末から9月1日に見た作品です。

=== 劇場公開 ===
・そんな彼なら捨てちゃえば?
・サマーウォーズ
・30デイズ・ナイト

== DVD&光TV-ビデオサービス  ===
・ゲットスマート
・ダイアリー・オブ・ザ・デッド
・X-ファイル:真実を求めて




そんな彼なら捨てちゃえば?

そんな彼なら捨てちゃえば

そんな彼なら捨てちゃえば

そんな彼なら捨てちゃえば


[ストーリー]
いつも自分が空回りしてしまい、一向に運命の相手に出会えないジジ(ジニファー・グッドウィン)、同居して7年になるのに結婚する気のないニール(ベン・アフレック)と、本音を隠しつつも実は結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)……。メリーランド州ボルチモアを舞台に、さまざまな事情を抱えた男女9人の恋模様が交錯していく。

[解説]
映画版も世界的に大ヒットしたテレビドラマシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の脚本スタッフによる同名ベストセラーを映画化した恋愛群像劇。20代から30代の男女が織り成すさまざまな恋模様を、『旅するジーンズと16歳の夏』のケン・クワピス監督がコメディータッチで描く。ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、スカーレット・ヨハンソンといった豪華キャストが、恋愛における男女の本音や勘違いを等身大に演じる。

[感想]
SATC大好きなので、同じ脚本って事で期待を胸に劇場へ行ってきました。
出演している俳優、女優さん達も好きな人が多いでのとても楽しみでした。
映画のテンポは悪くないです、ですがなぜかSATCほど面白み?というのかが無い;-;
男の本音、女の勘違い とキャッチフレーズに使われてますけどどうなんでしょうw国が違うのでその辺は微妙にずれがあるようにも思いました。
まぁたしかにある意味そうなのかもしれないけど、恋愛に対するサイン・・・そんなのあるんですかねw
スカーレット・ヨハンソンがまたもハマリ役って感じでよかったです^^




サマーウォーズ

サマーウォーズ

サマーウォーズ

サマーウォーズ


[ストーリー]
天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役を務めることに

[解説]
単館公開からスタートし、口コミでロングランヒットとなった『時をかける少女』の細田守監督が放つ劇場アニメーションの最新作。ふとしたことから片田舎の大家族に仲間入りした天才数学少年が、突如世界を襲った危機に戦いを挑むことになる。主人公の少年・小磯健二の声を担当するのは、『千と千尋の神隠し』などで声優としても定評のある実力派若手俳優・神木隆之介。良質なアニメーション映像と、壮大なスケールの展開が見どころ。

[感想]
アニメだと思い侮っていました@w@;
感動っていうのは無いですが、正直長い!けど面白い♪
仮想世界のオズを部台にリアル世界といろいろリンクして、そしてサイバーテロ?を旧戦国武将家系の家族が世界を救うって話ですw(ネタバレすぎw)
個人的に、コイコイ勝負(花札)のところのアバターのカウントが増えるシーンがなんかいいですね^^
コイコイのルールは知りませんがw
面白かったです。




30デイズ・ナイト

30デイズナイツ

30デイズナイツ

30デイズナイツ


[ストーリー]
夏は日の沈まない白夜、冬には30日間太陽が昇らない極夜が訪れるアメリカ最北の町バロウ。極夜の闇に乗じてバンパイアが町に現れ、住民たちを次々と惨殺し始める。氷と闇に閉ざされた町が陸の孤島と化す中、保安官のエバン(ジョシュ・ハートネット)は家族や住民を守るため、バンパイアとの絶望的な闘いに身を投じていく。

[解説]
グラフィック・ノベル界の旗手スティーヴ・ナイルズの同名コミックを、『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督プロデュースで映画化したサバイバル・ホラー。太陽が昇らない極夜の季節を迎えた北極圏の町を舞台に、バンパイアの襲撃を受けた人間たちの壮絶な死闘を描く。監督は、『ハード キャンディ』のデヴィッド・スレイド。バンパイアから住民を守ろうと闘う主人公を、『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のジョシュ・ハートネットが熱演する。

[感想]
モンスターパニック映画です。
30日間も日(太陽)が昇らない世界を舞台に、日の光(紫外線)に弱いヴァンパイアが狩りをしに現れる。立ち向かうのは村?の自警団の若者と、その村人。
映画の中では、30日間をだらだらと放映はしていません、初日の数日と日が昇るラスト数日なので展開は速いです。
途中の間をまぁ隠れて暮らすわけなんだけど、実際の状況だともう精神崩壊してもおかしくないよね^^; 映画の中でもお爺ちゃんが崩壊してたし。見ていた時はもうちょっと頑張れよ!って思ったけど状況を考えるとそうなるのも分かる気がするよね・・・
そしていよいよラストシーン、ヴァンパイアが最後の出る行動。それは決して自分たちの痕跡を残さない。自分たちの存在は幻だと思わせる事。
人間VSヴァンパイアが、最後には村人(恋人)を守る為に。。。。ちょっと悲しいEndです。




DVDは続きから


DVDです。



ゲットスマート

ゲットスマート

ゲットスマート

ゲットスマート


[ストーリー]
アメリカの極秘諜報機関“コントロール”に所属する敏腕分析官マックスウェル・スマート。彼は40種類もの言語を自在に操り、些細な重要情報のヒントも見逃さない脅威の分析能力を持つため、これまで憧れのエージェントへの昇格を見送られていた。そんなある日、コントロールの本部が世界征服を企む国際犯罪組織“カオス”の襲撃に遭い、全エージェントの顔と身元が割れてしまう事態に。そこで急遽、敵に顔が知られていないスマートがエージェントに昇格するのだった。エージェント“86”となったスマートとコンビを組むのは、整形手術によって新しい顔を手に入れた男勝りの美人エージェント99。2人はカオスの陰謀を阻止するため、さっそく極秘任務に就くのだが…

[感想]
結論から言えばけっこう面白い。
小笑いがちょこちょこあるけど、ギャグというかセンスというかツボというか、微妙にズレてる時がある気がする。
なので、B級映画にしては面白い が正解かもしれない。
アクションあり、笑いあり、恋愛?あり、でしかもテンポも悪くない。しかし、なぜか薄い感じがする。
好みにもよると思うけど、私はけっこう面白い と思いました。




ダイアリー・オブ・ザ・デッド

ダイアリーオブザデット

ダイアリーオブザデット

ダイアリーオブザデット


[ストーリー]
10月、ペンシルヴェニア州。ジェイソンら学生グループは映画学科の卒業制作のため、山奥でホラー映画を撮影していた。だがその最中、ラジオから衝撃のニュースを聞く。それは、世界中で死体が息を吹き返した上、人間たちに襲いかかっている、という俄に信じられない内容だった。そしてジェイソンたちは山を下りると、本当に蘇った死者が人を襲う戦慄の光景を目撃する。また、メディアも混乱し、事態は沈静化に向かっている、と虚偽の報道を繰り返す一方、インターネット上の動画共有サイトでは、断片的ながら凄惨な現場の映像が次々に流されていた。そこでジェイソンたちは、この惨劇をビデオカメラで克明に記録して後世に伝えようと決意し、絶えず身の危険が迫る状況下で撮影を始めるのだが…

[感想]
なんというか職業病という言葉がまさにぴったりと当てはまる。
撮る事を何よりも優先し、そしてメディアに伝える事を生き甲斐としている。
しかし、情報が氾濫する世の中で、何が真実で何が虚偽がは分からない、生きる事よりも撮るを選んだジェイソン。とても共感は出来なかった^^;
ゾンビとの死闘をくぐりぬけ生き抜く人類が到達した未来?がラストに描かれています。
共存・・・・とは言い難いが、未知の存在でなくなった時、荒廃した世になった時、それは・・・
見終わった感想は、なんだかな・・・=w=; です。
今までのゾンビ映画とはちょっと違います。



X-ファイル:真実を求めて

X-ファイル真実を求めて

X-ファイル真実を求めて

X-ファイル真実を求めて


[ストーリー]
ある時、FBIの女性捜査官が謎の失踪を遂げる。またその失踪後、ほどなくしてサイキックな透視能力を駆使できるという神父ジョーが現われ、彼女の“ビジョン”が見える、と捜査協力を申し出てきた。そこでFBIは、かつて超常現象の絡む事件を多く担当し、今はキリスト教系の病院に勤務するスカリーと隠遁生活を送りながら独自に超常現象の解明に勤しむモルダーに協力を要請するのだった。こうして現場復帰となったモルダーとスカリーはジョーと対面。しかし、彼には少年への性的虐待で聖職を解かれた過去があった。それでもジョーを信じるモルダーは、ジョーの超能力は犯罪歴を帳消しにするための嘘だと不信感を抱くスカリーと激しく対立することに。そんな中、ジョーの透視能力で発見された片腕から事件を解くカギが見つかり…

[感想]
海外ドラマシリーズで、かなりの長編にある、X-ファイル。
その劇場版の第2弾です、設定は、なんというか その後 です^^;
FBI捜査官でバリバリ、謎に挑んでいくのとは少し違いますね、しかし真実を求め、足掻くモルダーは健在で、それを支えてきたスカリーはなんとなく奥さん的な立場になっていたw
ファンの為の作品 とレビューで見たけどまさにそうかもw
事件自体は解決するけど、犯罪のビジョンが見えるという神父と、蘇ろうとする犯罪者とのリンクは謎のまま。まさにX-ファイル!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。