セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月05日 (木)

劇場公開&DVD@11月その1

10月末~11月に掛けてみた作品です。

=== 劇場公開 ===
・マイケル・ジャクソン THIS IS IT
・仏陀再誕

== DVD&光TV-ビデオサービス  ===
・ウォッチメン
・相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿
・バンコック・デンジャラス



マイケル・ジャクソン THIS IS IT

MJ

MJ

MJ


[ストーリー]
2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。

[解説]
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。何百時間にも及ぶリハーサルを一本の映画にまとめあげたのは、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督兼振付師で、予定されていたロンドン公演のクリエーティブ・パートナーでもあったケニー・オルテガ。コンサートを創り上げる過程では、偉大なスターであり才能あふれるアーティストでもありながらなおも進化を続けたマイケル・ジャクソンの素顔が垣間見える。

[感想]
故人マイケル・ジャクソンが、ロンドン公演でのコンサートに向けてリハーサルをしている状況をメイキングPVとして一本の映画(?)に仕上がっています。
しかしこれは、メイキングPVを作る目的で作成された映像ではありません。
そしてエンターテイナーとしてのマイケルの素が凝縮されている作品だと思います。
少し前に上映になってました、ローリングストーンズの”シャイン・ア・ライト”しかり、ハンナ・モンタナの”ザ・コンサート 3D”しかり、この作品はいわゆるFANの為の映画です。
アーティストに興味のない人が見に行ってもさして面白くもないと思います。
だけど、FANにとっては最高の1本になっていると思います、マイケルのコンサート(音楽)に向ける情熱や、ビッグスターであるのにスタッフ・共演者に対しての謙虚な姿勢、そして劇中に何度も出てくるキーワード『Love』。
エンドロールが終わってもまだ作品は終わってません。見に行かれる方は最後の最後まで堪能して下さい。
そして、私が行った劇場ではすべての上映が終わった時にここは映画館だという事を忘れているの?と言わんばかりの拍手喝采が沸き起こりました。
キング オブ ポップス。
マイケル・ジャクソン。
CDを聞くだけでは・・・TVのニュースを見ただけでは・・・・
知りえないマイケルの姿がありました。




仏陀再誕

仏陀再誕

仏陀再誕

仏陀再誕


[ストーリー]
女子高生の天河小夜子は、あこがれていた人の自殺のショックで、霊が見えるようになってしまった。小夜子は霊界で聞いたある言葉が気にかかり、テレビで見た仏陀と名乗る人物を訪ねる。しかし、目には見えない世界の真実に迫ろうとする小夜子に、魔の手が忍び寄ろうとしていた。

[解説]
幸福の科学の大川隆法の原作を基に、2500年の時を超えてよみがえった仏陀が、混乱する現代の民に教えを説く長編アニメーション。あるショックから霊が見えるようになった少女を主人公に、仏陀との出会いや度重なる事件との遭遇を描いていく。監督は『サクラ大戦 ~桜華絢爛~』の石山タカ明。『マイノリティ・リポート』などハリウッド大作を手掛けたスタッフによる最新VFX映像にも注目。

[感想]
タイトルからして敬遠してた作品だったのですが、レビューをみると意外にも高評価!
実際に見ると、宗教色はさほど感じません。再誕の意味するところや一部解説程度には宗教的要素がありますがさらっと流されています、むしろその説明がないと意味が分からないって程度です。
作品自体はアニメーションでなっていて、念やUFOといった事からもオカルトアニメとして普通に見る事が出来ます。
話の展開も早くサクサクと進んでいきます。今の混沌とした世の中を描きつつ、その中で仏陀(ブッダ)の教えとはこうだよと教えてくれます。
宗教的な偏見を捨てて、普通のアニメ映画としてみたらいい作品だと思います。





DVDです。



ウォッチメン

ウォッチメン

ウォッチメン


[ストーリー]
かつて、“ウォッチメン”と呼ばれる者たちがいた。彼らは<監視者>となって世界の重大事件に関わり、人々を見守り続けてきた。だが1977年、政府の施行したキーン条例によりその活動を禁止され、ある者は一線を退き、ある者は密かに活動を続けていくことに。1985年、未だニクソン大統領が権力を振るい、ソ連との核戦争に陥りかねない緊張状態にあるアメリカ。10月、ニューヨークの高層マンションからエドワード・ブレイクという名の男が突き落とされ、無惨に殺された。そして、そのそばには血の付いたスマイルバッジが。スマイルバッジは、かつてブレイクがスーパーヒーロー“コメディアン”として活躍していたときのトレードマークだった。現場に現われた“顔のない男”ロールシャッハは、事件の背後に陰謀の臭いを嗅ぎとり、すぐさま“ウォッチメン”と呼ばれたかつての仲間たちの周辺を独自に調べ始めるのだったが…。

[感想]
スーパーマンやスパイダーマンのように単純明快なヒーローモノではなく、ちょっと複雑で、ちょっとドロドロした、ダークな一面も併せ持つヒーロ集団の話です。
超人?達が集まりウォッチメンと呼ばれる組織を結成されたが、度重なる問題で政府機関より解散に追い込まれる。ウォッチメンには初代ウォッチメンと2代目?がいてる。
そしてある計画の元、ウォッチメン達が次々と狙われていく。
前半部分は少し複雑で分かりにくく、後半部分はアクションシーンなども多くそれなりに楽しめます。
原作もあるようですので気になる方は読んでみるのもいいかもしれません。
おすすめの度合は低めです=w=




相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿

米沢

米沢


[ストーリー]
不気味なテロリストの標的となってしまった東京ビッグシティマラソン。杉下右京と亀山薫が事件解決に奔走する傍ら、鑑識課の米沢守も顔認証システムで同大会の映像をサーチしていた。その時、米沢は数年前に離婚届を残して忽然と姿を消した元妻・知子の姿を見つけてしまう。翌日、その女性の死体が発見される。彼女は別れた妻と瓜二つの別人だったのだ。そして、現場で女性の元夫と名乗る刑事・相原と出会う。やがて2人は、証拠も不十分なまま自殺と断定されて幕引きを図られたこの事件に疑問を抱き、協力して極秘に捜査を開始するが・・・

[感想]
言わずと知れた相棒シリーズのスピンオフ。
鑑識の米沢守にスポットを当てて、警察内部の不正・陰謀・天下りなどに焦点が当たっています。
実際はどうなのか知りませんが、見ててあり得る話だと思います^^;
今回は、杉下右京と亀山薫の相棒の出番は95%程ありませんw
私的にはこれはこれで面白く思えましたが、レビューの中では酷評もあります。
語るに落ちる(落とす)
ん~スバラシイ(笑




バンコック・デンジャラス

バンコック・デンジャラス

バンコック・デンジャラス


[ストーリー]
完璧な計画、痕跡の隠滅、契約の遵守、という“殺しのルール”を自らに徹底し、仕事のたびに雇うアシスタントさえも消してしまう冷酷な暗殺者ジョー。世界中で依頼を請け負い、完璧にターゲットを仕留めてきたが、腕が鈍る前に一線から身を引くことを決意。そして、最後の仕事に臨むため、バンコックに降り立つのだった。4件の暗殺依頼を受けたジョーは、いつものようにまず地元のアシスタント、コンを雇い、さっそく1件目を片付ける。またそんな中、耳の不自由な女性フォンと出会い、いっとき張り詰めた警戒心を解くジョー。こうして、第2、第3の依頼も難なく完遂し、いよいよ最後の標的へ。しかし、この時かつてない違和感を覚えるのだった。それでもこれが人生最後と心に決め、引き金を引こうとするジョーだが・・・

[感想]
ニコラス・ケイジ主演の映画です。
依頼をいければ達成率100%を誇り、痕跡を一切残さない完ぺきな殺し屋。
引退を決意し最後にひと稼ぎをし余生を平穏?の暮らすことを決意するが、自ら課したルールを破りはじめ、そして最後には・・・・
ラストはちょっと悲しい結末です。
が!ある意味痕跡を残さないというプロ意識の高さを感じる事も出来ます。
非情な世界であるだけに、小さなミスが命取りになるという事なんでしょうね。
耳の不自由な彼女とのデートではほんわかしつつも、トラブルに合えばその性が出てしまう・・・
銃撃戦などもありますが派手なアクションはありません。
ニコラス・ケイジは好きな俳優さんですし、内容的も面白かったと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。