セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月11日 (木)

劇場公開&DVD@9月

9月にみた作品です。

=== 劇場公開 ===
・特攻野郎Aチーム THE MOVIE
・BECK
・バイオハザード IV アフターライフ


== DVD&光TV-ビデオサービス  ===
・REC/レック
・最強絶叫ダンス計画
・きみがぼくを見つけた日
・幸せのセラピー
・スモーキン・エース2
・PUSH 光と闇の能力者
・第9地区
・ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ
・ウルトラI Love You
・コララインとボタンの魔女
・カイジ 人生逆転ゲーム
・ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
・アメリカン・ピーチ・パイ
・月に囚われた男
・エグゼクティブ・デシジョン




特攻野郎Aチーム THE MOVIE

特攻野郎Aチーム

特攻野郎Aチーム

特攻野郎Aチーム


[ストーリー]
1年前、スミス大佐(リーアム・ニーソン)率いる元特殊部隊員で編成されたAチームの精鋭たちが、ある陰謀に巻き込まれて逮捕される。だが、スミス大佐をはじめ、部下のテンプルトン・ペック(ブラッドリー・クーパー)や、H・M・マードック(シャールト・コプリー)らは刑務所から脱獄。彼らは再集結し、おのれの身の潔白を証明しようとする。

[解説]
1980年代にアメリカで人気を博したテレビドラマ「特攻野郎Aチーム」を映画化したアクション大作。無実の罪で投獄された“Aチーム”と呼ばれる元特殊部隊の4人のメンバーたちがその汚名を晴らすため、国家に挑む姿を活写する。チームのリーダーを演じるのは、『96時間』のリーアム・ニーソン。その部下を『バレンタインデー』のブラッドリー・クーパーが演じている。命知らずの男たちによるド派手なアクションに目がくぎ付けになる。

[感想]
テレビドラマシリーズの特攻野郎Aチームは、あまり見た記憶はありません。名前だけ知っているって感じでした。
今回劇場版という事ではじめてまとも?に見ましたが・・・・めっちゃ面白いです!
アクションも痛快なのですが、コメディ要素もありけっこう笑えますw
アクション好きな人はたまらないと思います^^ この記事を書いてる時点ですでに劇場公開は終了していますのでDVD・ブルーレイなどレンタルで見てください。おすすめです。



BECK

BECK

BECK

BECK


[ストーリー]
平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)が、偶然天才ギタリストの南竜介(水嶋ヒロ)と出会い、才能あふれる千葉(桐谷健太)、平(向井理)、サク(中村蒼)らとともにBECKというバンドを結成する。コユキは天性の才能を開花させ、バンドも成功を重ねていく中、ある日、ロックフェスへの出演依頼が舞い込む

[解説]
1999年から2008年まで「月刊少年マガジン」で連載された、ハロルド作石による人気音楽マンガを、『20世紀少年』3部作などの堤幸彦監督が映像化した音楽青春ストーリー。仲間たちとバンドを組み、メジャーデビューを目指して奮闘する高校生たちが、さまざまな試練を乗り越えていく姿を描く。水嶋ヒロを筆頭に、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理ら若手キャストが集結。徹底的にこだわった楽曲の数々がうなるライブシーンは必見

[感想]
月刊紙に掲載中?のマンガ「BECK」の実写映画化です。
原作のマンガは読んだことがありますので内容は知っているつもりです。他のレビューでも酷評されていましたがやっぱりアレはないわ~~~~って思います=w=;
そのアレとは、コユキの歌声です。
まず、物語の中盤ぐらいに月夜の下でマホに聴かせた?のが最初です、コユキの歌声を聞いたマホの驚きの顔!
映画の視聴者には無音でしたのでこの時点でマホしか知りません@w@ く~~~マホがうらやましい~
そして物語は進んで行き、都度都度コユキの歌うシーンがありますがやぱりまだ無音。く~~監督め!じらすな~~~と思いつつ鑑賞。
そしてフィナーレのロックフェスでの雨の中でコユキが歌うシーン!来ました!ここです!!
・・・・・
・・・
・・

(`´)ムキ~~~~~~カネカエセコノヤロー ものでした(泣
気になる方は、旧作になったぐらいにレンタルで借りる方がいいと思います・・・




バイオハザード IV アフターライフ

バイオハザード IV

バイオハザード IV

バイオハザード IV


[ストーリー]
ウイルス感染のまん延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。そんな中、生き残りの人間を探して世界中を旅するアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、ロサンゼルスの刑務所に隠れて生き残る人間たちを見つける。彼らを刑務所から脱出させるため、アリスはアンデッドとの闘いに挑む

[解説]
ミラ・ジョヴォヴィッチが最強ヒロインを演じて大ヒットしたサバイバル・アクション・シリーズで、初の3D仕様となる第4弾。ウイルス感染により荒廃した世界を舞台に、生き残った人間を救うために立ち上がったヒロインのし烈な死闘を描く。シリーズ1作目でメガホンを取ったポール・W・S・アンダーソンが再び監督として返り咲き、テレビドラマ「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーと「HEROES/ヒーローズ」のアリ・ラーターが共演。3作目のラストシーンに登場した東京から物語が始まることにも注目だ。

[感想]
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気シリーズ「バイオハザード」の最新作!
前回からの続きですのでシリーズを通してみた方が話の前後もわかります、前作どんなだっけ?と思う方はレンタルで借りておさらいしましょうw
そして劇場版4作目となる今回は、いま流行の3D・・・・3Dはカンベンしてください;x;
内容の方は、まさにサバイバル・アクション!面白いですね~やっぱり^^
結末を言っちゃってすいませんが、まだ終わりませんwww次回作に期待です~♪
きっとアンブレラを全部つぶすまでは終わらないんじゃないかなと思います。




DVD・ビデオサービスは「続きを見る」からどうぞ

DVD・ビデオサービスです。



REC/レック

REC

REC


[ストーリー]
プロフェッショナルな人々の仕事に密着するドキュメンタリー番組のため毎晩取材に励むローカルテレビ局のレポーター、アンヘラ。彼女はカメラマンのパブロと共に、今夜は消防士の同行取材を行なっていた。深夜、アパートの住人から“隣に住む老婆の叫びや殺してやるという声を聞いた”との通報が入り、さっそく現場へ向かう。警官たちも駆けつけたそのアパートには、怯える住人たちを横目に朦朧と立つ血まみれの老婆の姿があった。すると突然、彼女は手を差し伸べてきた警官に襲いかかる。そして消防士たちは重傷を負った警官を運び出そうとするが、警察によって外から封鎖され隔離状態となってしまう。やがてアンヘラたちは、このアパートの住人に未知の病原菌が感染拡散していることを知るのだが…。

[感想]
バイオハザード系のホラー映画です。
生物実験?をしているマンションの住人のおかげでマンション自体を封鎖されてしまい、たまたまTV取材に同行したレポーターの一生を撮り続けた作品。
結末から言いますと、悲しい結末で何一つ解決してません^^;
取り残されたマンション住人、通報を受けて現場に向かった警官、消防士、TV取材陣の脱出を試みる内容です。
こちらの作品は、韓国映画のRECのリメイク板らしいですね、だけど続編にあたるREC2もリリースされているので興味がある人は1と2を借りてみるといいかもw
私も機会があればREC2を借りてみます^^




最強絶叫ダンス計画

最強絶叫ダンス計画

最強絶叫ダンス計画


[ストーリー]
一流のバレリーナを夢見る少女ミーガン。ある日、彼女は事故で母を亡くし、失意からバレエの夢も諦めてしまう。そして、別居していた父のもとに身を寄せ、地元の高校へ転入することに。そこには、血気盛んでバラエティーに富んだダンス好きの面々が数多くいた。また、ヒップホップダンスに情熱を注ぐトーマスと出会ったミーガンは、彼に影響を受けてストリートダンスを習い始める。こうして、改めてダンスの楽しさを知ると同時にトーマスと惹かれ合っていくミーガンだが・・・

[感想]
最強絶叫シリーズのダンス映画バージョン。
基本、有名?映画のパロですが・・・・まぁ・・・なんというか・・・・
『 くだらない! 』
の一言です(笑)
いろんな映画からいろんなシーンや登場キャラが出ますので、映画通の方などは
このシーンはあの映画だな。とか このキャラはあの映画のあのキャラだ
など、ある種のクイズ映画として楽しむという方法もあるようですw
基本アメリカンジョーク?テンコ盛りな作品ですが私には何が面白いのか理解が・・・
自分の笑いのつぼがどこにあるのか探るにはいいかも!なんてw
見る方は期待しない方がいいですwおバカ映画が好きな人にはまさにベストかも!




きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日


[ストーリー]
ヘンリーがクレアと初めて会ったのは彼が28歳の時。しかし、20歳のクレアにとってそれは運命的な再会だった。彼女は6歳の時に30代のヘンリーと出会っていた。そう、ヘンリーはタイムトラベラーだったのだ。しかしその時空移動は彼自身には制御不能で、何の前触れもなく、突然に過去や未来へ飛ばされてしまう非常にやっかいな“病気”だった。少女時代にそんなヘンリーと偶然出会い、以来時空を超えて何回となくやって来るヘンリーに見守られるようにして成長していったクレア。やがて2人の絆は、クレアが大人になるにつれて恋へと発展していくのだったが・・・

[感想]
ちょっと悲しく切ないラブストーリーのお話。
特異体質な彼(ヘンリー)はタイムトラベルの能力を持っていた。
しかし・・・そのタイムトラベルも自分ではコントロールが出来ないというもの。
大事な結婚式の日に突然いなくなったりしてけっこう大変なご様子^^;
そんなヘンリーにも愛する女性(クレア)がいます。
クレアとヘンリーの切なく哀しい恋物語。
ラストは・・・・やっぱり悲しいと思う><
いなくなったはずの彼がタイムトラベルでまた会えるけど、それはほんの束の間の時間だけ。
残されたものの悲しみは?
だけど、映画としては良かったです^^




幸せのセラピー

幸せのセラピー

幸せのセラピー


[ストーリー]
銀行を経営する地元の名門ジャコビー家の娘と結婚、めでたく“逆玉”に収まったはずのビル。しかし、元来がのんびり屋でお人好しの彼は、ジャコビー・ファミリーの一員になりきれず、次第に不全感を募らせる。さらに、愛する妻の浮気現場を目撃してしまい、どん底状態に。そんな時、彼は母校のメンター制度(OBが現役生の社会人体験をサポート)で一人の男子高校生と出会う。そこで逆に高校生から的確なアドバイスを受けるビル。妻を嫉妬させるためと、ランジェリーショップの美人店員ルーシーも紹介され、少しずつ自分を変え始めたビルだったが…

[感想]
ジェシカ・アルバ主演のような宣伝文句と、としてDVDのパッケージw
ルーシー(ジェシカ)と主人公の絡みはかなり少ないと思う><、パッケージ詐欺です(笑
内容ですが、主人公の人生を変えるキッカケ?を作ったのは高校生の男の子(ローガン・ラーマン君)。
必至に主人公を支えていこうと努力してるローガンがとてもイイやつですw(彼が主人公でもいいような?w)
共感できるのはその部分だけじゃないかな?あとはちょっとイマイチ盛り上がりに欠ける感じ。
ジェシカがダメ男の人生を変えました的な宣伝・・・・まじでやめてください=w=;



スモーキン・エース2

スモーキン・エース2

スモーキン・エース2


[ストーリー]
情報分析官として長年FBIに在籍する男ウィード。交通事故で妻子を失い車椅子の身となりながら地道に働いてきた彼が、何故か突然、暗殺のターゲットに!報酬は300万ドル、タイムリミットは24時間!女殺し屋アリエラ、拷問のエキスパートのマクティーグ、変装のプロで正体不明のスート、そして殺しが家業のトレモア一家など、サイコでイカれた野郎どもが参戦!壮絶のバトルの幕があがる!

[感想]
殺し屋同士がバタバタと撃ちあい殺しあう作品、題名には2となっていますが1と関係はない?
1と2それぞれ別ものだと思いますので、2から見ても1から見てもいけそうです。
ただし・・・内容はハラハラドキドキするようなもんじゃありません、正直にいってB級映画です。
バイオレンス映画が好きな人にはまぁいいかもしれませんが、アクションを楽しみたい方には向いていません。
まだ1のが面白かったかも?(笑




PUSH 光と闇の能力者

PUSH

PUSH


[ストーリー]
第二次世界大戦時より国家に育成され、歴史的有事に関わってきたといわれる特殊能力者たち。しかし一部の能力者は政府の支配から逃れるため、身を隠しながら生きていた。そんな能力者のひとり、ムーバー(念動力)のニックはある日、ウォッチャー(未来予知力)のキャシーと出会い、世界中の能力者たちを監視する極秘政府機関“ディビジョン”から脱出したキラという女性を一緒に捜してほしいと頼まれる。一度は断るものの、間もなくディビジョンが送り込んだ能力者たちに命を狙われたことから、キャシーに協力することを決意するニックだったが…。

[感想]
超能力者どうしのサイキックバトル映画。
ただし能力の種類が決まっている感じで、ドラクエなどでいえば職業(剣士・武道家・僧侶)が決まっているみたいなw
あとはその決まった能力の優越だけ。物語の主人公は念道力(ものを動かす力)のニックと、予知(未来に起こることを絵に書く)のキャシー。
タイトルのプッシュは、劇中でも出てきますが人を操る力で、行動させたい内容を送プッシュ(送り込む)するようです。
多少アクションもありでけっこう面白かったです^^
ただ、サブタイトルの「光と闇の能力者」ってとこがいまいちわかりません^^;(悪魔とか出てこないしw)




第9地区

第9地区

第9地区


[ストーリー]
南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に正体不明の巨大宇宙船が現われ、そのままとどまってしまう。しかし、エイリアンは襲撃に来たわけではなく、宇宙船の故障で漂着しただけだった。追い返すことも出来ず、やむを得ず彼らを難民として受入れることに。それから20数年後。共同居住区“第9地区”はいまやスラムと化し、地域住民の不満は爆発寸前に。そこで超国家機関MNUは、エイリアンたちを新たな難民キャンプへ強制移住させることを決定。プロジェクトの最高責任者に抜擢されたエイリアン対策課のヴィカスは、さっそく彼らの住居を訪問し、立ち退きの通達をして廻る。ところがその最中に、不注意から謎の液体を浴びてしまうヴィカスだったが…。

[感想]
人とエイリアンの共存?が出来るのか?を内容にした作品。
この作品はどちらかというとエイリアン視点で描かれていると思います。またあまり期待もしていませんでしたが意外に面白いw
調査員、ヴィガスの最後にはちょっと泣けてくるものが;x;
エイリアンものって事でSFの要素や、ハイテク武器と軍隊?との戦闘などいろんな要素が詰まっています。
エイリアンの好物にもちょっと笑えるしwwwおすすめです




ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ

ハツ☆コイ

ハツ☆コイ


[ストーリー]
17歳の夏休み。再婚した母親の願いで祖父母の家に預けれることになったグレタはふてくされていた。優しい祖父母に出迎えられても怒りがおさまらない。そんなある日、暇をもてあまし、海辺のレストランでウェイトレスの仕事を始めることにしたグレタ。そこで少年院あがりだという同世代の少年ジュリと出会い、彼に惹かれていくが…。

[感想]
タイトルにもなってるようにヒラリー・タフ主演の映画です。
ハツコイとなっているので、ピュア系のラブストーリーを期待しましたがその内容たるや・・・・
メガティブな女子(ヒラリー)グレタは、自殺リストなるものを作っている、ある夏休み田舎で過ごすことになるが祖母との確執が・・・・=w=
バイトをする事になり、そこでシェフをしている男の子を知りあい、あとは・・・・
いろいろトラブルを起こしながら、成長?していく内容なのかな??
いまいち、共感の持てない作品でした。暗すぎる!




ウルトラI Love You

ウルトラI-Love-You

ウルトラI-Love-You


[ストーリー]
クロスワードパズル作家のヒロイン、メアリーは、ブラインドデートでニュースチャンネルのTVカメラマン、スティーブと出会い一目ぼれ。とつぜん恋のスイッチが入った彼女は、相手の気持ちなどお構いなしに猛烈アタック。スティーブをドン引きさせているとも気づかず、全米を飛び回る彼の仕事現場にストーカー顔負けの神出鬼没ぶりで現われるメアリーだったが…。

[感想]
ラブコメ女王の一人を担う女優:サンドラ・ブロック主演のこの作品。
クロスワード作りが大好きとちょっと変わった女の子役w運命の出会いを信じて、TVカメラマンの彼氏にモーーーーーレツアタックw
まさにラブコメ!台風に遭遇するとこなんかええーーーーって感じw
お勧めです^^




コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女


[ストーリー]
ピンク色の古いアパートに引っ越してきたばかりの少女コラライン。まだ友だちも出来ず、忙しい両親はまったく構ってくれない。すっかり退屈していたコララインは、ある日家の中で不思議な扉を発見する。そして、その扉を通り抜けた先でコララインが目にしたのは、今までと変わらない家の中。しかし、何かが少しずつ違う。しかも、そのどれもが現実の世界よりも素晴らしくなっていた。優しいママとパパの目がボタンで出来ている以外は。すっかりこの不思議な世界に魅了されてしまうコララインだったが…。

[感想]
劇場公開時は3D作品として放映されておりました。
今回、DVDで2Dで見ましたがいたって普通?(笑)見終わった感想は、3Dにする必要あるのかな?って感じです。
内容的には、ココラインがボタン目の魔女から両親を救い、不仲だった村の人とも仲良くなってハッピーエンドってやつです・w・
100円なら見てもいいかなってLvで・・・




カイジ 人生逆転ゲーム

カイジ

カイジ


[ストーリー]
定職に就かず、その日暮らしの自堕落な生活を送る伊藤カイジ、26歳。そんな彼のもとにある日、遠藤凜子と名乗る悪徳金融会社の女社長が借金の取り立てにやって来る。カイジは友人の借金の保証人になっており、利子が積み重なった負債総額は202万円にまで膨れ上がっていた。そんな金があるわけもなく、頑として抵抗するカイジ。すると遠藤は、“一夜にして借金を帳消しに出来るどころか、大金を手にするチャンスがある”と提案を持ちかけ、フランス語で“希望”の意味を持つ豪華客船エスポワール号に乗ることを勧めてくる。やがて決心したカイジはエスポワール号に乗船。そこには、彼と同じく借金を背負った人生の負け組が大勢集まっていた。そして、遠藤の会社もその傘下にある消費者金融で名高い帝愛グループの幹部が船を取り仕切り、勝ち続ければ一攫千金、負ければ過酷な強制労働が待つというゲームに参加させられる。こうして、“限定ジャンケン”に始まる奇想天外なゲームの数々に挑戦し、生き残りを懸けて参加者たちと勝負するカイジだが…。

[感想]
原作はコミックからの実写化され作品です。
藤原竜也さん主役の作品で、ギャンブル好きで自分を破滅に追い込んでいき、一角千金を夢みているダメダメな男の子役です。共演者でちょい役だけど割とイイやつ?的な役で松山ケンイチも出ています。
人生最後?の大勝負にでるカイジ。
予想よりかは面白かったですが、なんなとくライヤーゲームにも似ていると思うし、TVドラマの延長のような感じの映画でした。




ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

ミレニアム

ミレニアム


[ストーリー]
社会派月刊誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正を告発した記事で逆に名誉毀損の有罪判決を受け窮地に陥っていた。そんな彼のもとに、大財閥ヴァンゲル・グループの前会長ヘンリックからある調査依頼が舞い込む。話を聞くため、ストックホルムよりさらに北の町ヘーデスタの沖合に浮かぶ、本土とは橋1本で繋がる孤島ヘーデビーへと向かったミカエル。そこで説明された依頼内容は、40年前、ヘンリックが我が子のようにかわいがっていた16歳の姪ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件を改めて調査してほしいというものだった。依頼を請負うことにしたミカエルだったが、案の定、早々に行き詰まる。一方、ヘンリックの依頼で秘かにミカエルの身辺調査を行っていた天才女性リサーチャー、リスベットは、その後もミカエルのパソコンをハッキングし続け、偶然にも事件を巡るある重要な切り口に気づきミカエルに助け船を出す。情報提供者の正体を知ったミカエルは、リスベットに協力を要請、2人はコンビを組み真相究明に当たるのだったが…。

[感想]
光ビデオ配信で無料だったので見てみましたが・・・んーーーいまいち!
内容は、ジャーナリストのミカエルと、ハッカー?リサーチャーのリスベットが協力して迷宮入りした事件の真相を再調査するというもの。
フレンチサスペンスなのか、私にはあまり共感できるものがありませんでした。
サスペンス好きな人にはいいかも知れませんが。。。。




アメリカン・ピーチ・パイ

アメリカン・ピーチ・パイ

アメリカン・ピーチ・パイ


[ストーリー]
女子サッカー部のストライカーとして活躍する高校生ヴァイオラ。だがある日、彼女のサッカーチームが廃部となり、男子サッカー部への入部も断られるという憂き目にあう。そこでヴァイオラは、双子の兄セバスチャンが新学期をサボりミュージシャンを目指してロンドンへ発ったことから、彼になりすまして兄の学校へ潜入、男子サッカーチームに入部する。部員たちにも認められ順調にいくかに思われたヴァイオラ。しかし、偽セバスチャンの彼女は女子生徒のオリヴィアに惚れられ、自身はチームメイトのデュークに恋をし、デュークはオリヴィアに惹かれる、という思わぬ展開になってしまう。そんな中、何も事情を知らない本物のセバスチャンが帰ってくるのだが…。

[感想]
学園ものの青春ムービーです。
コメディ・恋愛とあり、これがけっこう面白いw
サッカー大好きの女の子 ヴァイオラが、兄になり済まして男の子してサッカー部に入部し活躍をしていく。
そしてルームメイトもみんな男の子という環境で女の子だとバレナイように四苦八苦するドタバタコメディ。
ラストはお約束のパッピーエンドですけどいいですよね^^




月に囚われた男

月に囚われた男

月に囚われた男


[ストーリー]
近未来。エネルギーの枯渇した地球は、新たな燃料源が存在する月へその希望を求めた。そして、宇宙飛行士のサム・ベルが世界最大の燃料生産会社ルナ産業との3年契約により、エネルギー源ヘリウム3を採掘して地球へ送るという仕事のため月へたった独り派遣される。以来、彼は月面基地サラングを拠点として、人工知能を搭載したロボット、ガーティを相棒に月面での作業に取り組み、また唯一の慰めだったTV電話での妻テスとの会話も衛星事故で交信不能になった今では、孤独感とも格闘していた。だが、その苦痛に耐える任期もあと残り2週間となった時、作業中に事故を起こしてしまう。やがて、基地内の診療室で目覚め安堵した刹那、そこに自分と瓜二つの人間がいることに気付くサム。これを機に、彼は周囲で起きている出来事が果たして幻覚なのか現実なのか、判別が出来なくなっていく…。

[感想]
未来でのお話。
地球に資源がなくなり、月に資源採掘の任務についた彼 サム。
任期をまっとうすれば地球に帰れるという言葉を信じひたすら孤独に耐えて任務をこなしている。
しかし・・ある時事故にあい、なんとか九死に一生を得て基地に帰還してみるとそこには・・・・@w@;
徐々に真実が明かされていき、そして驚愕のシステムに驚くばかり。
明るい内容では無かったけど、面白かったです。




エグゼクティブ・デシジョン

エグゼクティブ・デシジョン

エグゼクティブ・デシジョン


[ストーリー]
テロリストがジャンボ機をハイジャックし、陸軍情報部顧問のグラント博士と、陸軍特殊部隊のトラヴィス中佐が招集された。テロリストの要求は組織のリーダーの釈放だったが、グラントは、毒ガスでワシントンを攻撃することが彼らの真の狙いだと指摘する。地上4千万人の命を危険にさらすか、乗客400人を犠牲にするか。政府が判断に苦しんでいる時、トラヴィスが奇想天外な作戦を提案。それは、実験中の空中輸送機を高度8000メートルの上空で、ジャンボ機にドッキングさせ、特殊部隊のメンバーを送り込むというものだった。作戦が実行されることになり、輸送機は無事、ドッキングに成功。メンバーは次々とジャンボ機に乗り移った。ところが、乱気流が発生。トラヴィスはジャンボ機を守るため、輸送機を切り離し、自ら爆発してしまう。果たしてグラントら残されたメンバーは無事に毒ガスを発見することができるのか?

[感想]
内容的には、 ハイジャック犯からジャンボ機を奪い返し、乗客を無事帰還させるというお話。
私的に一番のネタは・・・


スティーヴン・セガールが、ちょーーーーーヘボイ役で出ている事wwwww
冒頭からええええええええええっ!!! て感じです(笑
劇中に戦線復帰してセガール健在をアピってくるのかと思ったらそのまま・・・・=w=;
ある意味、笑える作品ですw
その他は、普通のアクション映画で悪くはないですね^^

そういう意味でもお勧めなのかもしれませんw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。