セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月20日 (月)

劇場公開&DVD@11月

11月に見た作品です。

リネでは長期間の経験値増加イベント(平日1.5倍、休日2~3倍)が始まりましたので、3倍の週はリネに没頭していたり・・・
それでもちょこちょこと劇場には足を運んだ方じゃないかなと思います。
DVDはあんまり見る時間は無かったですけど・・・

=== 劇場公開 ===
・エクリプス/トワイライト・サーガ
・ゴースト もういちど抱きしめたい
・ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
・さらば愛しの大統領
・ラスト・ソルジャー
・デイブレイカー

== DVD&光TV-ビデオサービス  ===
・理想の恋人.COM
・ゴーストワールド
・スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと



エクリプス/トワイライト・サーガ

エクリプス

エクリプス

エクリプス


[ストーリー]
人間のベラ(クリステン・スチュワート)とバンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)は、苦難を乗り越え再び結ばれる。だが、エドワードに恋人を殺されたバンパイアのヴィクトリアは、執拗(しつよう)にベラの命を狙っていた。そこでエドワードは恋敵でもあり、宿敵でもあるオオカミ族のジェイコブ(テイラー・ロートナー)と協力することに。

[解説]
ステファニー・メイヤー原作の世界的ベストセラーを基に、人間とバンパイアの禁断の恋を描きヒットした『トワイライト』シリーズ第3弾。本作ではヒロインを守るため、一時的に手を組むバンパイアのエドワードとオオカミ族のジェイコブとの三角関係を主に描く。メインキャストは前作同様クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナーらが続投。さらに先の見えない恋の行方と迫力の戦闘シーンも必見。

[感想]
バンパイアと人間のラブファンタジー、第3弾。シリーズの続編ですので前作を見てないと話の流れがわかりません。(冒頭で簡単な流れを説明がありましたけどね)
本篇でようやくヴィクトリア(人間を狩る女ヴァンパイア)との対決があり、ついに決着がつきます。
ヴィクトリア擁する新生族(ヴァンパイアになりたて)とカレン一族率いるヴァンパイア+恋敵兼宿敵のオオカミ族のタッグチーム。この大戦のキーパーツはなんと言ってもベラです!
戦闘のアクションシーンは相変わらず力が入っていますので見ごたえがあります。それにジェイコブ、エドワード、ベラの三角関係にも進展?が。しかし・・・ここでのベラはなんて身勝手な女なんだろうって思ってしまいますね=w=;
まぁともあれ、今作も大変面白く堪能させて頂きました^o^ノ




ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい


[ストーリー]
会社経営者として多忙な日々を送る七海(松嶋菜々子)は、ある晩、陶芸家志望の韓国人青年ジュノ(ソン・スンホン)と出会う。やがて二人は運命的な恋に落ち、新しい生活をスタートさせるが、七海はある事件に巻き込まれて突然命を落とす。彼女の魂は天国へ行くことを拒み、地上でゴーストとなって愛するジュノのそばに寄り添うが・・・

[解説]
1990年に公開され、大ヒットした『ゴースト/ニューヨークの幻』の舞台を、現代の日本に移して描く切ないラブストーリー。突然命を奪われ、ゴーストとなっていとしい人の近くにとどまる女性とその恋人の悲恋を映し出す。デミ・ムーアとパトリック・スウェイジが演じた当たり役を『眉山 -びざん』の松嶋菜々子と、『宿命』の韓国の人気俳優ソン・スンホンが熱演。肉体が朽ち果てても、ただ一心に相手を思い続ける究極の愛の物語に涙が止まらない。

[感想]
リメイクとして話題がありましたゴースト。基本設定は原作(ゴースト/ニューヨークの幻)と同じだと思います。
ずっとひとりで生きてきた七海、ジュノとの出会いで幸せを感じてきた矢先、悪意によって殺されてしまう。
ジュノを想うが故に未練が残り自縛霊?として彼のそばに・・・
触れ合いたい、伝えたい、想いは募っていくけど幽霊の自分には何も出来なかった・・・切なす;x;
そこに登場するのがいかにも怪しい霊媒師のおばちゃんw
意外だったのは、純粋なラブストーリーだと思ってたら、チンピラVS七海の念道力によるバトルなんかもあってちょっと面白かった♪。
人を殺めたチンピラの最後は、闇に飲まれて地獄行きって表現なんでしょうかね。
ただ、いい話なんだけどキャスト?のせいか泣けない=w=;なので面白かったけどやっぱり原作のがいいねってオチです・・・
見たい人はDVDが出るまで待ってもいいかもw




ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

ハリー・ポッターと死の秘宝

ハリー・ポッターと死の秘宝

ハリー・ポッターと死の秘宝


[ストーリー]
17歳に成長し、ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生となったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。親友のロン(ルパート・グリント)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)と共に、宿敵ヴォルデモート卿の魂が宿った分霊箱捜しの旅に出るが、すぐには見つからず、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。

[解説]
J・K・ローリングが手掛けた世界的ベストセラー・ファンタジー小説の映画化シリーズ第7弾にして最終章。前・後編2部作となる第7章では、宿敵ヴォルデモート卿の復活により世界中に闇が立ち込める中、17歳になったハリーが最後の冒険に向けて動き出す。監督は、シリーズ第5作と第6作に続き、デヴィッド・イェーツが担当。ダニエル・ラドクリフをはじめ、おなじみのキャストが登場する。前・後編にわたり展開するハリーとヴォルデモート卿との最後の戦いは、必見だ。

[感想]
もうすっかり青年になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)、1作目はあんな少年だったのにw成長しましたね~^^
ロンとハーマイオニーも同じく成長してます。
ハリポタシリーズもいよいよ佳境!シリーズ最終作になるわけなんですが、2部構成の為今回はPart1です=w=; 続き気になるじゃん・・・・・
人気作だけあってハリポタは面白いですね~、そして今作の個人MVPは卑しき妖精のトビーでしょう!!
トビー~~~~うううううう;x; かわいそすぎる。。。
前編ではヴォルデモートが伝説の杖を手に入れるとこで終わりです(ネタバレ)、後編でのラストバトルに期待が高まりますね^^ Part2は来年の7月だっけかな。のようです。




さらば愛しの大統領

さらば愛しの大統領

さらば愛しの大統領

さらば愛しの大統領


[ストーリー]
大阪府知事選挙に立候補したお笑い芸人の世界のナベアツ(世界のナベアツ)は見事当選を果たすが、すぐさま日本からの独立国家宣言をして、“大阪合衆国”の最初の大統領に就任してしまう。一方、大阪府警にはナベアツ大統領の暗殺予告が届き、府警で有名な迷コンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が、犯人グループの捜査に乗り出すのだが。

[解説]
お笑い芸人の世界のナベアツが大阪府知事に当選した上、独立国家宣言をして大阪合衆国の大統領に就任するという奇想天外なエンターテインメント・ムービー。大統領役の世界のナベアツが映画監督に初めて挑み、本職の笑いと大統領暗殺予告をめぐる大阪府警の奔走劇を織り交ぜ、本格的なコメディー映画を撮り上げた。刑事役の宮川大輔、ケンドーコバヤシをはじめ、芸人仲間が多数出演。アホをテーマに映画で笑いを追求する意欲作だ。

[感想]
サービスデーにみたので千円で見れたわけなんですが・・・これは=w=;
ナベアツが大阪知事になり、そんで大阪を独立させて大阪合衆国、そして初代大統領!?
てか、合衆国って意味をウィキってみましたら【合衆国とは「衆国を合わせた」という意味を表し、「衆国」とは大衆によって運営される 国(共和政体)のことを指す。】
のようで、この映画での設定は、市や区を衆国に見立ててるんでしょうか?
まぁそんなどうでもいい話は抜きにしても、この作品・・・・まだ新喜劇のが面白いと思うんだけど=w=
本編開始前に、テロップでアホになって見てくださいとありましたけど・・・かなり微妙すぎる!
というかハッキリ言えば駄作!警察署長のクマ・・・キモすぎ><
関西人な私だけど、吉本はけっこう好きだけど・・・ダメでした。 てか、串カッっちゃん死に過ぎやろw




ラスト・ソルジャー

ラスト・ソルジャー

ラスト・ソルジャー

ラスト・ソルジャー


[ストーリー]
戦国時代の中国、厳しい戦いを生き延びてきた梁の兵士(ジャッキー・チェン)は、敵国・衝の負傷した若き将軍(ワン・リーホン)を捕らえる。報酬目当てに捕虜として連れ帰り、故郷で平和に暮らそうともくろむ兵士だったが、その道中をさまざまな障害が阻む。さらに将軍を暗殺しようとする衝の捜索隊まで現れ、兵士は将軍を命懸けで守る羽目になっていく。

[解説]
ジャッキー・チェンが構想に20年を費やし、原案、主演、製作、武術指導を務めたアクションムービー。戦国時代の中国を舞台に、ジャッキー演じる歩兵が敵国の将軍を捕虜として連れ帰る道中、数々の困難に遭遇しながら互いに心を通わせていく姿を描く。共演は、歌手としても活躍する『ラスト、コーション』のワン・リーホン。スタントなしのアクションはもちろん、笑いと男同士の友情を盛り込んだ内容に、ワクワクすること請け合いだ。

[感想]
ジャッキー・チェンの構想20年と前宣で上映されておりましたこの作品。いかにもジャッキー映画らしい素晴らしさがありましたね^^
アクションとコメディ。イイヨ!!そしてなんと言ってもエンドクレジットでもNG集♪
もうジャッキー映画ではおなじみですね。これがないと終われませんよねww
しかし・・・・本篇での最後はちょっと悲しすぎます;x; ハッピーエンドで終わって欲しかったわ~(泣き




デイブレイカー

デイブレイカー

デイブレイカー

デイブレイカー


[ストーリー]
人類のほとんどがバンパイアと化した近未来、食糧源である人間の数は減少する一方だった。バンパイアは不老不死である代わりに、人間の血液を取り込まないと理性を失い凶暴化してしまう。そんな中、自らもバンパイアである血液研究者のエドワード(イーサン・ホーク)は、絶滅寸前の人間に危害を与えずに済む代用血液の開発に奮闘する。

[解説]
人類が絶滅の危機に瀕し、バンパイアが世界を支配する近未来を描くSFアクション・スリラー。絶滅寸前の人間と圧倒的支配者であるバンパイアの世界という発想で、これまでの両者の立場が完全に逆転した独創的な映像世界が展開する。監督は、『アンデッド』で一躍注目を集めたピーター、マイケル・スピエリッグ兄弟。キャストには、『クロッシング』のイーサン・ホーク、『処刑人II』のウィレム・デフォー、『エンジェル』のサム・ニールら実力派がそろう。

[感想]
ちょっと一風変わった世界でのお話。地球?での人口は激減し地上にはバンパイアが支配している世界。
人間はバンパイアの食糧と化しているわけなんだけど、絶滅寸前な為、血の供給が追い付かない。
そこで研究されているのは、血液の代わりになるもの。
日常での生活は、人間社会と同じな様子。起きて会社に行き、仕事して帰宅する。ただし時間は昼夜が逆転してる。また、コーヒーショップでコーヒーを飲むけどミルクの代わりに血を入れる。
そんなバンパイヤだらけの世界だけどなぜそういう世界になったのか、ヴァンパア達の行き着く未来は!物語が進むにつれて明らかになってきます。
けっこう面白かったです。




DVDは続きを読むからどうぞ

DVDです。



理想の恋人.COM

理想の恋人.COM

理想の恋人.COM


[ストーリー]
幼稚園の先生をする30代の女性サラ。8ヵ月前に離婚したばかりで今はまだ恋愛に積極的になれずにいた。家族はそんなサラを心配し、当人以上の熱心さで恋人探しに躍起になる。ある時、姉のキャロルと妹のクリスティンは勝手にサラになりすまし、出会い系サイトに彼女のプロフィールを登録、“星空を一緒に楽しめる犬好きの男性求む”と書き込むのだった。それが功を奏してか、デートの申し出がいくつも舞い込むが、まともな相手が現われずサラは散々な目にあう。ほとんど諦めかけたとき、ジェイクという同じ年頃のちょっと好感の持てそうな男性とめぐり逢うサラだったが…。

[感想]
失恋をしたばかりのサラとジェイク。互いに乗り気ではなかったけど周囲の協力で二人は知りあう事に。
初対面での出会いのシーン。 ふむ、けっこういい感じだ!
そして次のデートで二人はなんと燃え上がり!火が点き!!あるモノを買いに奔走する(笑
互いに惹かれあうモノがあるものの、すれ違いや誤解から距離をおいてしまう。切なす><
ラストには、ハッピーエンドになりますがそれまでの経過を十分に楽しめます。
ちょっと笑えて、あったかい気持ちになれる作品でした。良かったです^^




ゴーストワールド

ゴーストワールド

ゴーストワールド


[ストーリー]
イーニド(T・バーチ)とレベッカ(S・ヨハンソン)は高校を卒業した今も進路も決めないまま好きなことだけしてフラフラする毎日。ある日、二人は新聞の出会い系の広告に載っていた中年男をダイナーに呼び出し、待ちぼうけを食っている惨めな姿を見て暇を潰す。しかし、イーニドのほうはその中年男シーモアのことがなぜか気になる。やがて、シーモアの趣味である古いブルースのレコードをきっかけに二人の奇妙な交流が始まるのだが……。

[感想]
んーーーーと、スカーレット・ヨハンソンが主演している作品でしたので、見てみました。
が!さっぱりわかりません=w=。
これは・・・・・最終的に孤独な女の話? イーニドとレベッカは親友だった。悪戯のひとつとして実行した中にシーモアというオタク系中年が居た。
最初は悪ふざけの延長だったが次第に、親友のイーニドよりもシーモアといる時間が長くなっていく。
夢に向かって自律していくレベッカに対して、気まま暮らしのイーニド。二人の友情は壊れていく中、シーモアにまさかの待ち人の彼女が現れる。次第に一人になっていくイーニド。
そしてラスト・・・・ひとりバスに乗り街を離れる。
・・・・・・
だからなんなんだ!!! と言いたくなる作品でした>< 意味が分かった人だれか教えてw




スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと

スパングリッシュ

スパングリッシュ


[ストーリー]
愛する娘の将来を考え、故郷メキシコを離れロサンゼルスい移住してきたシングルマザーのフロール。より良い仕事を求め、裕福なクランスキー家のハウスキーパーをすることになった彼女は、そこで表向きは幸せそうだが、実際は今にも壊れそうな家庭を垣間見るのだった。 ラテン社会と白人社会。母として生きる女と女とし生きる母。その境界線に立ち、戸惑い迷った末にフロールが出した答えとは・・・。

[感想]
裕福な暮らしをしているLAに済む富豪のクランスキー一家、愛する子供の為にとLAへ引っ越してきた美しいフロール親子。
英語は全く話せないフロールだったが、生活の為クランスキー家に家政婦として働き始める。
裕福故?に様々な問題を抱えているクランスキー一家、関わることで次第に自分の生活が壊れていく事を感じたフロール、反面子どもはLAの学校にクランスキー婦人紹介で入学する事が出来た。
ラストは、子どもを想う母として下した決断。・・・内容としてはちょっと重いかも^^;
クランスキー家の夫役を演じていたアダム・サンドラーはいい味出してました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。