セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月29日 (金)

劇場公開&DVD@6月~7月(2011)

6月~7月に見た作品です。7月は夏休みに入るのか見たい作品がたくさんありま
タイトルを上げますと、
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星
マイティ・ソー
アイ・アム・ナンバー4
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン
カーズ2
の6作品。単純に前売り券購入で見たとして@1300円、さらに最近は3D映画が多く@+400円。。。後半の3作は間違いなく3Dのはずです><
6本すべて見たとしてざっと9000円って事になりそうです。。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
評価の♪、5段階 ※独断と偏見による私感です/(^^)\
♪♪♪♪♪=評価5:最高!絶対に見てほしい(*´Д`*)
♪♪♪♪ =評価4:けっこう良かった!
♪♪♪  =評価3:そこそこ面白い(カモ?)劇場なら千円で!DVDなら新作もアリ
♪♪   =評価2:ちょっと微妙。見るならDVDまで待ちましょう(=w=;)
♪    =評価1:イマイチ・・・DVDも旧作になるまで待つのがおすすめ。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


=== 劇場公開 ===
・赤ずきん
・ロシアン・ルーレット
・スカイライン ー征服ー
・X-MEN:ファースト・ジェネレーション
・劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)
・マイティ・ソー
・ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
・鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星


== DVD&光TV-ビデオサービス  ===
・インセプション
・食べて、祈って、恋をして
・レズビアン・ヴァンパイア・キラーズ
・GAMER-ゲーマー-
・30デイズ・ナイト2 ダーク・デイズ
・チェイシング/追跡
・ルーザーズ




赤ずきん

赤ずきん

赤ずきん

赤ずきん


[ストーリー]
赤ずきんことヴァレリー(アマンダ・セイフライド)は木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたが、ヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約を親が勝手に決めてしまう。ある満月の夜、ヴァレリーの姉が何者かに惨殺され、魔物ハンターのソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)は人オオカミのしわざだと宣告する。

[解説]
グリム童話の中でも有名なヒロイン「赤ずきん」の成長した姿を描いたファンタジー・サスペンス。危険な恋に落ちるヒロインと満月の夜の残虐な殺人事件をダークなタッチでつづっていく。監督は、『トワイライト~初恋~』のキャサリン・ハードウィック。『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドが大人になった赤ずきんを演じる。赤ずきんをめぐって三角関係を繰り広げる若手俳優、マックス・アイアンズとシャイロー・フェルナンデスにも注目だ。

[評価&ひと言]
♪♪♪
赤ずきんをホラー映画と勘違いしている知り合いが多いです^^;はっきり言って全然ホラーじゃありませんw(怖いって意味で)
確かに狼男は出てきますけどね、怖くないw
内容はちょっとダークです^^;本当に怖くて醜いのは人間の本性だと思わされます。。。ヴァレリーの姉の死の真相にはドロっとした人間模様が・・・・作品としてまぁそこが面白いのかも知れませんがw
結論としては予想より面白かったかもw




ロシアン・ルーレット

ロシアン・ルーレット

ロシアン・ルーレット

ロシアン・ルーレット


[ストーリー]
家族を養う貧乏な青年ヴィンス(サム・ライリー)、囚人のパトリック(ミッキー・ローク)、謎の男ジャスパー(ジェイソン・ステイサム)らわけありの男たち17人が、大金が手に入る仕事を求めてある館にやって来る。そこでは、金持ちたちによるあるギャンブルが行われていた。それは集団ロシアン・ルーレットで、プレイヤーは集められた男たちだった。

[解説]
17人の男たちによる100万ドルの賞金を懸けたロシアン・ルーレットを緊張感たっぷりに描くサスペンス・スリラー。グルジア出身のゲラ・バブルアニ監督の『13/ザメッティ』をハリウッドでリメイクし、バブルアニ監督が再びメガホンを取る。『コントロール』のサム・ライリーのほか、ジェイソン・ステイサムやミッキー・ロークなどハリウッド・スターたちが出演。命をもてあそぶ金持ちたちと命を懸ける男たちを大胆に描き、スリル満点のハリウッドらしいエンターテインメント作品に仕上がっている。

[評価&ひと言]
♪♪♪
なんというかシュールです・・・=w=;
人の命を使った賭博。それによって何かを得るもの、すべてを失うもの。狂気の世界がそこにあります。
ラストもまたシュールすぎる・・・というかジェイソン・ステイサムカッコ悪すぎ><




スカイライン ー征服ー

スカイライン

スカイライン

スカイライン


[ストーリー]
ロサンゼルスの親友に会いにきたジャロッド(エリック・バルフォー)とエレイン(スコッティー・トンプソン)。早朝4時ごろ、突如として青白い光と共に不気味な音が響き、友人が光の中に姿を消してしまう。窓の外ではたくさんの巨大な飛行物体が空を埋め尽くし、地球から人間を次々と吸い上げていた。

[解説]
戦うすべもないごく普通の人たちへのエイリアンの襲撃を、『アバター』や『2012』を手掛けたVFXチームによる圧倒的な映像で描くSFディザスター・ムービー。『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』のグレッグ、コリン・ストラウス兄弟がメガホンを取り、リアリティーを重視した視点で人類滅亡の危機を描き出す。主演は「24 TWENTY FOUR」のエリック・バルフォー。今までにない観点で描かれる地球最後の日の描写に、興味が尽きない。

[評価&ひと言]
♪♪♪♪
ある日突然その侵略は始まった。抗う人類。だけど・・・・ってこれから!?って時に終わります^^;
見ていて「ええええええええええ!!」って思いましたwwこれって次回作あるのかな?
個人的には反撃の狼煙を上げたその先も見てみたい(*´∇`)
よく出来ていると思いますw




X-MEN:ファースト・ジェネレーション

X-MEN

X-MEN

X-MEN


[ストーリー]
裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存在に気付き始めていた。やがて強力な磁力を発生させ、金属を自在に操ることのできるエリック(マイケル・ファスベンダー)と出会う。彼らは親友となり、自分たちと同じような若者たちを探し始める。

[解説]
遺伝子の突然変異で超人的パワーが覚せいしたミュータントの苦悩と冒険を描いたSFアクションムービー。今作では、X-MENの起源に焦点を絞り、ミュータント第一世代のドラマを壮絶なVFXアクションと衝撃のストーリーで活写する。『キック・アス』のマシュー・ヴォーンが監督を務めるほか、シリーズの立役者ブライアン・シンガーが製作として本作に復帰。『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ、『イングロリアス・バスターズ』のマイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ケヴィン・ベーコンら実力派キャストの激闘に注目。

[評価&ひと言]
♪♪♪
X-MAN FANの為の作品、X-MANを知らない人が見てもいまいち面白みに欠けると思います。
けど、シリーズを見てきた人から見るとX-MAN誕生の秘話が公開されていて、そして以外な真実?がありました。
けっこう面白しろかったと思う。




劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)

そらのおとしもの

そらのおとしもの

そらのおとしもの


[ストーリー]
「平和が一番」をモットーにする中学生、桜井智樹。智樹が住む美しい自然に囲まれた町・空美町に未確認生物のイカロス、ニンフ、アストレアが空から落ちてきたことから、智樹の平凡な日々は変化していく。そんな智樹の姿を見守る風音日和だったが、智樹の所属する新大陸発見部に入ることを決意。ところが、楽しい日々を送る日和をある悲劇が襲う。

[解説]
漫画家・水無月すうによる原作とそれを基にした深夜アニメが話題となった「そらのおとしもの」の初の劇場版となる美少女SFアニメ。主人公の少年と空から落ちてきた美少女の姿をした未確認生物たちを中心に、劇場版では主人公に思いを寄せる一人の少女も絡ませ、新大陸“シナプス”の謎を描いていく。総監督と監督は、本シリーズのテレビアニメ版で絵コンテや演出を手掛けていた斎藤久と柳沢テツヤ。ちょっぴりエッチで奇想天外な作品の世界観を楽しみたい。

[評価&ひと言]
♪♪
こちらもFANの為の作品だと思う。前半の半分はハイライト的な名場面特集が永遠と続きます。
正直ハイライト過ぎて原作を知らない人が見てもさっぱりだと思うし、FANの人が見てもきっと「知ってるよ!」って心の中で叫んでいたのではないでしょうか?
TV版アニメの長さの話2話分(前編・後編みたいな)に過去の名場面集をくっつけて映画の長さにしました感が否めない・・・公開劇場も1都市1劇場って感じですごく少ないし、無理して遠くまで足を運んでまでみる価値はないと思う。見たい人はDVDが出るまで待ちましょうw




マイティ・ソー

マイティ・ソー

マイティ・ソー

マイティ・ソー


[ストーリー]
神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失ってしまったソーに凶悪な敵たちが次々と襲い掛かり、ソーは地球でも戦いの日々を送ることになる。

[解説]
『スパイダーマン』などでおなじみのマーベルコミックの中でも、特に人気の高いヒーローの一人、マイティ・ソーが活躍するアクション大作。地球に追放された神の世界の最強戦士ソーが、巨悪の敵に立ち向かう。監督は『ヘンリー五世』のケネス・ブラナー。主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。ソーをサポートする“ウォリアー・スリー”のホーガン役で浅野忠信が出演する。スリリングな戦いの行方と、迫力のアクション映像に注目。

[評価&ひと言]
♪♪♪♪
予想外にけっこう面白かった!何気に門番(異界とのゲートの番人)のおっちゃんがイイ味出してたと思うw
そしてラストには続編の宣伝もきっちりありましたw
宣伝通り次回作も見れるといいですね^^ ライラと黄金の羅針盤という作品があって、たしか3部作ぐらいな宣伝だったと思いますが、次回作が一向に出てこない><。きっと1作目が不評すぎて製作中止になったんじゃ?って思ってしまいます・・・今作は続きが見れますように♪



ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

ハリー・ポッタ

ハリー・ポッタ

ハリー・ポッタ

ハリー・ポッタ


[ストーリー]
ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなくなる。

[解説]
J・K・ローリング原作のベストセラー・ファンタジー小説を映画化し、世界的大ヒットを飛ばした映画版最終章。主人公ハリーと宿敵ヴォルデモート卿の本格的決戦により、魔法界全体を二分する戦いの火ぶたが切って落とされる。前作同様監督はデヴィッド・イェーツが務め、今回も主演のダニエル・ラドクリフをはじめおなじみのキャストが集結。フィナーレへと向けたハリー最後の冒険を描く、シリーズ初の試みとなる全編3D映像は見逃せない。

[評価&ひと言]
♪♪♪♪
ついに完結!?3Dと2D上映があったので当然ながら2Dで見ましたw
今回はPart2なので、前作の続きです。あの凶悪だったヴォルデモートがついについに!!
ヴォルデモートの強さの秘密?が暴かれてしまいましたね。
そしてラストはちゃんと?その後の世界が収録されました。FAN必見の作品ですね^^*



鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師


[ストーリー]
アメストリスの首都セントラルにある中央刑務所から、服役中の囚人メルビン・ボイジャーが脱獄する。彼が操る錬金術に心奪われたエドワードとその弟アルフォンスは、メルビンの行方を追ってアメストリスの西側に位置するクレタとの国境へと向かう。やがてその昔「ミロス」と呼ばれていた、周囲をがけに囲まれたテーブルシティに到達した。

[解説]
「ホワイトアウト」などの小説家・真保裕一が脚本を手掛け、荒川弘原作の大ヒットコミック「鋼の錬金術師」を映画化。錬金術というタブーに見入られた兄弟の壮絶な運命の行く末ときずなを映し出す。メガホンを取るのは、「コードギアス 反逆のルルーシュ」「交響詩篇エウレカセブン」で演出などを担当した村田和也。『東京ゴッドファーザーズ』の小西賢一がキャラクターデザインと総作画監督を担当する。劇場版らしいスケール感あふれる壮大な物語に引き込まれる。

[評価&ひと言]
♪♪♪
TVアニメでも人気のある鋼の錬金術師の劇場版、2作目?です。話は劇場版オリジナルです。
前作の『シャンバラを征く者』はアニメの続編な内容でしたが今回は違います。
だけど、やっぱり原作を知らないで劇場版だけを見ると話がいまいち見えてこないと思います。
なのでFANの為の映画ってとこですね。見に行かれる方はアニメ版などしっかり予備知識を入れてから見に行くといいと思います^^
内容は、けっこう面白かったです♪



DVDは続きを読むからどうぞ

DVDです。



インセプション

インセプション

インセプション


[ストーリー]
他人の夢の中に潜入してカタチになる前のアイデアを盗み出す企業スパイが活躍する時代。コブは、この危険な犯罪分野で世界屈指の才能を持つ男。しかし、今や国際指名手配犯として、またこの世を去った妻モルの殺害容疑者として逃亡の身となってしまい、大切なものすべてを失うこととなっていた。そんなコブに、サイトーと名乗る男からある依頼が舞い込む。成功すれば、再び幸せな人生を取り戻すことができる。しかしその依頼とは、これまでのように盗み出すのではなく、ターゲットの潜在意識にあるアイデアを植え付ける“インセプション”というものだった。かつてない危険なミッションと自覚しながらも、これが最後の仕事と引き受けたコブは最高のスペシャリスト集団で立ち向かうべく、すぐさまメンバー探しを開始。やがて、相棒のアーサー、“設計士”のアリアドネ、“偽造士”のイームス、“調合師”のユスフ、そしてサイトーを加えたメンバー6人でターゲット、ロバートの夢の中に潜入するコブだった。

[評価&ひと言]
♪♪♪
ちょっと小難しいとこはあるけど、デカプリオ作品の中ではまぁ良かった方じゃないでしょうか?
妄想と現実、その境目は?設定で面白いなって思ったのは夢の中の夢?みたいな多重ダイブかなw




食べて、祈って、恋をして

食べて、祈って、恋をして

食べて、祈って、恋をして


[ストーリー]
ニューヨークでジャーナリストとして活躍するリズ。毎日忙しくも安定した結婚生活を送り、その人生は順風満帆に見えた。しかし、どこか満たされない思いを募らせていた彼女はある日、離婚を決意する。そんな中で出会った年下の男とも長続きせず、恋愛依存ばかりの自分に嫌気が差すリズ。そこで彼女は一念発起。思い切って仕事も男も絶ち、全てをリセットしようと、イタリア、インド、インドネシア・バリ島を巡る1年間のひとり旅へ出ることに。こうして、イタリアではカロリーを気にせずグルメ三昧、インドではヨガと瞑想に耽るリズ。そして、最後に訪れたバリ島では予期せぬ出逢いが訪れるのだが。

[評価&ひと言]
♪♪
レビューなんかでの酷評だったけど、正直いまいち。ダラダラと物語は進んでいきます、自分を見つける旅じゃなかったのか?正直共感できる部分がない=w=;




レズビアン・ヴァンパイア・キラーズ

レズビアン・ヴァンパイア

レズビアン・ヴァンパイア


[ストーリー]
真面目なだけが取り得の小心者ジミーと、セクシー・ギャルに目がないデブでずぼらなお調子者フレッチ。ド田舎の小さな村へハイキングにやって来た二人は、そこで旅行中の若くてピチピチした外国人ギャル・グループと遭遇する。これは是非ともお近づきになりたい!ということで、彼女たちと同じコッテージへ泊まることにした二人。ところが、その周辺の森はレズビアン・ヴァンパイアたちの巣窟だった。

[評価&ひと言]

いわゆるおバカ映画の1本wおバカな映画を何も考えずに見たい時にどうぞw
バカすぎてバカすぎて・・・・・全然笑えないw




GAMER-ゲーマー

GAMER

GAMER


[ストーリー]
2034年、あるオンライン・ゲームが世界中の人々を熱狂の渦に巻き込んでいた。そのゲーム“スレイヤーズ”は天才クリエイター、ケン・キャッスルが開発した戦闘ゲームで、キャラクターたちがマシンガンを手に激闘を繰り広げるというもの。ただし、キャラクターは生身の人間で全員死刑囚、撃たれれば実際に死ぬこともあり得る究極のサバイバル・ゲームだった。ナノ細胞を脳の運動皮質に移植された彼らはゲームを操作するプレイヤーの意のままに操られ、30回勝てば釈放されるという条件をクリアすべく戦い続ける。その一人、自由を手にするまであと3回と迫っているケーブル。彼は無実の罪で投獄され、愛する妻娘と離ればなれになっていた。17歳の天才プレイヤー、サイモンに操作されながら、冤罪を晴らし家族との再会を果たしたい一心でゲームに挑み続けるケーブルだった。

[評価&ひと言]
♪♪♪♪
面白かった!ジェラルド・バトラーがいい味出しているといると思います^^
設定はちょっと無理があると思うけどそこは映画って事で納得しちゃえば後は楽しむだけw
アクション映画を見たい人はおすすめです




30デイズ・ナイト2 ダーク・デイズ

30デイズナイト2

30デイズナイト2


[ストーリー]
前作から一年、夫を失ったステラ(キエレ・サンチェス)は世界中でバンパイアの存在を説いて回るが、信じてもらえない。同じ境遇のポールらと出会い、バンパイアたちへの復讐を決意する。失うものなど何も無い、恐れるものも何も無い。今度は、ロサンゼルスの奥深くへと足を踏み入れ、バンパイアたちを根絶すべく自らを極限に追い込んでいく。

[評価&ひと言]
♪♪♪
前作の続編、今回ははじめからバトルがあります。物語の中盤でパンバイアが不死であるとしるステラ。
そしてラストの行動は・・・・極限の精神状態での淡い期待?しかし結果は予想通りというか。。。残念。




チェイシング/追跡

チェイシング

チェイシング


[ストーリー]
ニューヨーク州郊外。両親を殺した少年エリックが2年間の服役を経て出所してきた。この事件を担当していた刑事クリストフオロは、エリックが未解決の2人の少女殺害事件にも関与していた連続殺人犯ではないかと疑い、捜査を始める。一方、16才の少女ローリは、ニュースでエリックの姿を見た瞬間、強い衝動に駆られ家を飛び出した。そして、エリックに会いたい想いが現実となった時、2人は当てのない逃避行へと旅立つ。クリストフオロは、エリックの不穏な動きから新たな犯行を予感し尾行を開始する。

[評価&ひと言]

ラッセルクローが出演する映画、タイトル的に追走劇バリバリのアクション的なものを想像したけど違った。
なんなの?これは??ローリーは何がしたかったの?そしてなぜラストで湖に身を投げたの?
昔見た情景(エリックが少女を殺害した時)から自分もそうなりたいと思ったの?
全くもって意味不明w




ルーザーズ

ルーザーズ

ルーザーズ


[ストーリー]
ボリビアのジャングルに派遣されたクレイ率いるエリート特殊部隊“LOSERS(ルーザーズ)”。しかし、その任務中、彼らは何故か米軍に命を狙われ、現地に取り残されてしまう。やがて、この一件の裏にマックスと呼ばれる黒幕の存在が浮上。また、彼らの前に、マックスへの因縁を持つという謎の女アイシャが現われ、一致団結して復讐を開始する。そのさなか、またしてもピンチに立たされるルーザーズ達。

[評価&ひと言]
♪♪♪♪♪
特攻野郎Aチームを思い出させてくれるアクション映画。
面白いwこういうの好きですwww
今回みたDVDの中で一番面白かったです(*´∇`)b

この記事へのコメント

コメントの投稿

ピグトンとおまめだけに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。