セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月26日 (木)

マジック・ツリーハウス、ロボジー を観た。

本日も仕事終わりで映画を見てきました。
ちょっと気になっていた作品3つのうちの2つです。

ちなみに気なっている3つは
・マジック・ツリーハウス[アニメ]
・ロボジー[邦画コメディ]
・ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬[洋画コメディ]
です。
ジョニー・イングリッシュは1/21に公開になったばかりなので、まだ時間があるので後日のお楽しみに残しておきますw
そんなわけで、観た2作品です。



マジック・ツリーハウス

マジックツリーハウス

マジックツリーハウス

マジックツリーハウス


[ストーリー]
本を読むことが好きで勉強には自信があるが内気な兄ジャックと、人間でも動物でもすぐに友達になれる元気いっぱいの妹アニーは大の仲良し。ある日、いつものように森に遊びに出掛けた2人は、森の中で木の上に乗った不思議な小屋を見つける。何とそれは、好きなときに好きな場所に時空を超えてタイムスリップできる魔法のツリーハウスだった。

[解説]
世界中で1億冊を超える大ヒットとなった、児童書シリーズ「マジック・ツリーハウス」を映画化。勉強家の兄と気さくな妹という、まったく性格の違う兄妹が織り成す大冒険を生き生きと映し出す。アニメ「あずまんが大王」「とある魔術の禁書目録(インデックス)」の錦織博監督がメガホンを取り、脚本を『ブレイブ ストーリー』の大河内一楼が担当する。日本原作のオリジナルイラストを気に入った作者が、世界で初めて日本に映画化を承諾した全世界待望のアニメーションを堪能したい。

[評価&ひと言]
♪♪
正直微妙でした。有名子役の芦田愛菜チャンが妹のアニー役をしていますが、ちょっと声のトーンというか、張りというか元気いっぱいな感じはわかるんだけど、シーンにマッチしてないと感じる場面が多かった。
作品の内容も、4枚のメダルを集めなきゃいけないのはわかるけど、4つのショートストーリーをくっつけた感があり1個1個の話が素っ気なくあっさり終わちゃって物足りない感じ。
DVDで十分だと思いました。



ロボジー

ロボジー

ロボジー

ロボジー


[ストーリー]
弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週間前にロボットが大破してしまう。慌てた3人はとっさの判断で、一人暮らしの頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したところ、鈴木の奇妙な動きが絶賛される。

[解説]
『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などで人気の矢口史靖監督がメガホンを取った、頑固なじいさんとロボットをテーマにした爆笑コメディー。弱小家電メーカーの3人組が新型ロボットの開発に失敗し、その場しのぎで中に老人を入れてロボット博に出場したことから巻き起こる騒動を描く。一躍人気者になってしまうロボットの中の老人を、ミッキー・カーチスが新人俳優・五十嵐信次郎として好演。共演には『蛇にピアス』の吉高由里子、『鴨川ホルモー』の濱田岳ら多彩な顔ぶれがそろう。

[評価&ひと言]
♪♪♪
ハッピーフライトはけっこう好きでしたので、邦画ですが見てきました。
吉高由里子さんかわいいですね^^天然オタ系の役がすごく良かったですw頑固老人(五十嵐さん)は見ていて腹立ちます!ってそれぐらいハマリ役でヤラレちゃいましたね。
けっこう面白かったです。いわいる矢口映画って感じです。

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

ピグトンとおまめだけに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。