セフィ&ブルガリのリネってる時間(*^-^*)

リネージュ2ゴースティン鯖で遊んでる私の何でもない日記と映画についての日記です。

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月01日 (土)

7月1日 映画の日

1日である今日が土曜日って事なので、気合を入れて映画を見にいきますw
なんで、映画を見るのに気合がいるのかとおいうと。


見たい映画をまとめて見よう~~~~♪


な性格だからですw

それに付き合う人もちょっと大変そうwwww


7月1日で公開している映画で見たいモノは以下です。


1.ウルトラヴァイオレット
2.サイレントヒル
3.着信アリFinal
4.カーズ
5.ポセイドン
6.MiⅢ
7.オーメン

です。

友達とお昼前に合流をして、いざ映画館へ。


まずは、本日先行上映の映画 MiⅢを見ようと受付のおねー様に言う。

私>MiⅢを最後方中央の座席で2枚お願いします。

店員>お客様、MiⅢは先行上映となっておりまして映画の日の割引の対象では御座いませんが宜しいですか?

やめます!(即答w)

では、ウルトラヴァイオレットをお願いします。


こちらの座席は、後方右端のお席を御用意出来ますが宜しいですか?

・・・・・

中央は空いてませんか?


はい。申し訳ございません。


やめます!(またもや即答w)


きっと、おねー様は【この客うざ~】って思ったに違いありませんね^^;


最終的に希望座席で鑑賞できる映画

3.着信アリFinal

4.カーズ(日本語吹替)

を見ることにしました。


座席のチケットを購入したのであとは上映開始までまったりです。

お昼ごはんを食べて、まず1本目


< カーズ >

カーズ



ストーリー: 真っ赤でピカピカなボディがトレードマークのレース・カー“ライトニング・マックィーン”は、レースでチャンピオンを目指す人気者。ある日ルート66号線沿いにある田舎町“ラジエイター・スプリングス”に立ち寄り、住民たちと触れ合ったことで、自分の人生には何かが失われていたことに気が付く。


カーズ


なんというか、結末はお約束です。ディズニー映画ですからね^^
ドンデン返しはございません。
あとは、それまでのストーリーを楽しむ映画です。

レビューなんか見てますと、賛否両論ですが私はこの手の映画は好きでございます。
笑いもあり、ちょっぴり感動もありで安心して見れる映画です^^

一緒に行った友達も泣けたと・・・(まじですか@@; そこまでw)


劇場はちょっと・・・という方はDVDが出たら見てください^-^

オススメです♪


30分の休憩を挟みまして、2本目です。



< 着信アリ Final >

着信アリ・ファイナル


ストーリー:修学旅行で韓国に行くことになった安城高校2年C組。その中の1人、草間えみり(黒木メイサ)は、ネットで知り合えた韓国の男友達アンジヌ(ジャン・グンソク)と会えることを楽しみにしながらも、小学校からの幼馴染みで今もクラスメートの松田明日香(堀北真希)が一緒に参加出来なかったことを残念に思っていた。実は明日香はクラスメートからいじめを受けており、修学旅行に一人参加していなかったのだった。

そんな修学旅行のさなかにクラスメートのある一人の携帯から聞き覚えのある着信メロディが流れる。未来の着信時刻で自分の首吊り画像が添えられて。

それはあの“死の着メロ”だった。

その生徒は予告通りに死を遂げ、その後も次々と生徒を襲う“死の着メロ”。なぜそんなことが起こったのか。なぜ“死の着メロ”を受けると死んでしまうのか。誰もが周りを疑い始める。不審に思ったえみりが調べてみると、どうやら“死の着メロ”は日本から発信されているようだった。しかも、明日香の部屋から…。

ところが、その“死の着メロ”にはその死の予告から逃れる方法が1つだけあった。それは送られてきた死の予告を誰かに転送することだった。

「転送スレバ死ナナイ」

楽しいはずの修学旅行が戦慄の修羅場と化す…。



前作・前々作と着信アリ/着信アリ2の続編?な映画です。

しかし・・・なぜかこの手のモノはシリーズ化すると怖さも薄れて行くのはなぜでしょう==;

Finalとありますが、あれは本当に終わったのか?とちょっと思いました。

5段階評価なら3ってトコですね^^;






こっちは、先月(6月)に見たやつで記事の書き忘れだったので追記で書きます。


< 劇場版トリック2 >

トリック2


ストーリー:筐神島は、関東沖合に浮かぶ小さな島。島を見下ろす山の頂上には、なぜか異様な巨岩が乗っている。その岩は、この島を支配する霊能力者・筐神佐和子が一人で、しかもたった一晩のうちに持ち上げたものだという…。

ある日、上田の研究室を「どんと来い、超常現象」を手にした青沼という青年が訪ねてくる。10年前、筐神佐和子に連れ去られた幼馴染みの美沙子という女性を救い出して欲しいというのだ。

佐和子が恐ろしい霊能力者だと聞き一人では心もとない上田は、例によって奈緒子を巻き込み、佐和子とその信奉者たちが待ち受ける筐神島へと向かう。「浮遊する巨大な岩」「瞬間移動」「消失する村」…。二人の前で次々と繰り広げられる驚愕の奇蹟の数々。それは果たして、佐和子の強大な霊能力によるものなのか、それとも単なるトリックか!?

一方その頃、里見は“文字の力”を武器に選挙に挑み、矢部は部下を引き連れてある事件を追っていた。それぞれの思惑が交錯する中、事件は誰もが予想だにしない驚きの展開へ! 最強の霊能力者を相手に、かつてない窮地に陥った奈緒子と上田の運命は…!?


お約束なお笑いありの面白い映画です。ドラマも全部見ちゃってますし、期待してました作品です。

ちょっと気になるのは、箱から出てきたあのモジャモジャ!
あれっていったい何なんだろう^^;

動いてましたしねwwww


あと、最後の最後でアパートが・・・・・予想してましたが、そう来ましたか♪

やっぱり トリックは面白いですねo(〃^▽^〃)♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。